スマホで見つける、もっと可愛い私

Twitterが開かない原因は?すぐに試せる対処法を徹底解説!

Twitterが開かない原因は?すぐに試せる対処法を徹底解説!

友達や同じ趣味を持つ人と交流したり、日々のニュースやエンタメなど情報収集したりするのに役立つ「Twitter」。

Twitterを毎日チェックしている方も多いと思いますが、、何らかの原因で突然Twitterが開かなくなったらとても困りますよね。

そこで今回は、Twitterが開かない原因とすぐに試せる対処法をご紹介していくので、困っている方はぜひチェックしてみて下さい!

【Twitter】開かない・強制終了する原因は?

Twitterが開かない・強制終了するのは、主に以下の3つの原因が考えられます。

  • Twitterアプリのバージョンが古い
  • Twitterアプリのキャッシュが溜まっている
  • スマホのメモリ不足

では、以上の3つの原因をそれぞれ詳しく見ていきましょう。

Twitterアプリのバージョンが古い

Twitterが開かない・強制終了するのは、Twitterアプリのバージョンが古いのが原因かもしれません。

アプリは最新版にアップデートしないと、最新の機能が使えない、以前のバージョンで発生した不具合・バグが修正できない、セキュリティの脆弱性が修正できないなど、様々なデメリットがあります。

そのため、Twitterアプリは常に最新の状態に保っておきましょう。

Twitterアプリのキャッシュが溜まっている

「キャッシュ」とはWEBサイトやアプリの一時保存データのことで、これはTwitterアプリにも保存されています。

これがあるおかげで、再度Twitterを開いた時に素早くデータを読み込めるので快適にTwitterを利用できます。

しかし、これが溜まりすぎてしまうとアプリの動作がカクついたり、強制終了したりと不具合を起こしやすくなるので、定期的に削除するようにしましょう。

スマホのメモリ不足

メモリとはスマホをスムーズに動かすための一時的な作業領域のことで、メモリの値が大きいほどサクサクと操作することができます。

このメモリは多数のアプリを起動しているほど使用量が増えますが、使用量が増えると動作が不安定になり、アプリが開かないなどの不具合が起こりやすくなります。

特に、古い機種を使っていてメモリの容量がそもそも少ない場合は注意が必要です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。