スマホで見つける、もっと可愛い私

【Google Chrome】表記が英語になる!?日本語への直し方

【Google Chrome】表記が英語になる!?日本語への直し方

Google Chromeを使っていると、ウェブページや設定項目の表記が英語になってしまうことがあります。

英語が喋れない方からしてみると、英語だとなんて書いてあるのか分からないので非常に困りますよね。

今回は、Google Chromeの表記を日本語に直す方法について解説していきます!

【Google Chrome】ページが英語になる!どんな対処法がある?

Google Chromeのウェブページや設定項目が英語になってしまう場合は、以下の対処法を試すことで日本語に直すことができます。

Chromeの言語設定を日本語に直す

Google Chromeが英語で表記されるのは、日本語よりも英語を優先的に表示するように設定されている可能性が高いです。

Google Chromeの表示言語は複数追加できますが、リストの一番上にある言語が優先的に表示されます。

以下のスクショ画像のように一番上が「英語」になっていると、ウェブページが日本語ではなく英語で表示されることがあります。

Chromeの言語設定を日本語に直す

この場合は、日本語が一番上になるようにリストを並び替えることで日本語に直すことができます。

ただし、この設定はWindowsのPCとChromebookのみ可能です。

MacやLinuxでは、PC本体の言語設定が自動的に表示されるので、PC本体の言語設定を変更する必要があります。

スマホ本体から言語を変更する

スマホ本体の言語設定を英語に設定していると、Chromeアプリの表記も英語になってしまいます。

スマホ本体から言語を変更する

この場合は、スマホの設定アプリで言語設定を英語から日本語に変更することで、Chromeアプリの表記も日本語に変わります。

ウェブページを日本語に翻訳する

Google Chromeでは、標準搭載されている翻訳ツールを使ってウェブページの表記をワンクリックで日本語に翻訳することが可能です。

翻訳ツールを使うには、スマホのChromeアプリの場合は「ページの翻訳」、PCのGoogle Chromeの場合は「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」の設定を有効にしておく必要があります。

ウェブページを日本語に翻訳する

この設定が有効になっているとGoogle Chromeの翻訳ツールが表示されるので、それを使えば日本語に翻訳することができます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。