スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】メモをパスワードでロック!大切な情報を守ろう

【iPhone】メモをパスワードでロック!大切な情報を守ろう

iPhoneには、初めからメモアプリがインストールされているため、新たにアプリを入れなくてもメモをしたいときにすぐ使い始めることができます。

手軽にいつでもどこでもメモを取ることができるので、中には忘れないように様々なパスワードをメモ帳に書き残している方もいますよね。

でも、ふとした時に他人に見られては困るものもあるはず!

そこで今回の記事では、iPhoneのメモをパスワードでロックする方法についてご紹介!大事なメモをしっかり守りましょう。

【iPhone】メモをパスワードでロックできるって知ってた?

普段iPhoneでメモは利用しているけれど、ロックがかけれるのは知らなかったという方もいるのではないでしょうか。

まずは、どのようなロックができるのか基本的な知識からご紹介しますね。

すでに大切な情報をiPhoneのメモに残しているという方は要チェックですよ。

他人に見られたくないメモはロックしておくと便利

ロックをかける1番のメリットは、他人に見られたくないものが表示されなくなる点です。

iPhoneのメモには、すぐに確認できるようにログインが必要なアプリやApple IDなどのアカウントIDとパスワードを記載している方が多くいます。

そのような大切な情報も、ロックをかけていなければメモ帳を開くといつでも確認できる状態になっているため、携帯電話を落とした場合などに危険です。

そのため、大切な情報・他人に見られたくないメモがある場合にはロックをかけて、情報を守りましょう。

メモアプリに設定できるパスワードは1つのみ

iPhoneのメモアプリに設定できるパスワードの種類は1種類のみで、メモの種類に分けてパスワードを変えることはできないことを覚えておいてくださいね。

メモごとにパスワードを変えることができないので、大切な情報を書き残しているのであれば、ずっと同じパスワードを利用するのではなく、定期的に変更するようにしましょう。

定期的に変更しておくことで、より強力に情報を守ることができますよ。

ロック解除にTouch ID(Face ID)も使える

メモにパスワードを設定する場合、必ず英数字のパスワードを設定する必要がありますが、それに合わせてTouch ID(Face ID)で解除できるように設定することが可能です。

Touch IDやFace IDを設定しておけば、毎回英数字を入力する手間を省くことができるので、ロックをかけていたとしても簡単にすぐロックを解除することができますよ。

手袋をしているときやTouch ID(Face ID)の反応が悪い場合は、英数字を入力してロック解除することができるので、両方設定しておくとより便利に利用することができるでしょう。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。