『かわいい』が生まれる場所。

【Google アカウント】乗っ取りへの対処法!予防策も解説するよ

【Google アカウント】乗っ取りへの対処法!予防策も解説するよ

Googleアカウントが乗っ取られたらどうしますか?考えただけでゾッとしますよね。でも、実際にそういう被害は存在します。この記事では、万が一Googleアカウントが乗っ取られてしまった場合の対処法や、乗っ取られないための予防法について説明していきます。

【Google アカウント】乗っ取りをされたかも!どうなるの?

Googleアカウントが乗っ取りされた場合、具体的にどういう被害が出るのでしょうか。いくつかの例を紹介します。

POINT

  • スマホ内にある個人情報が丸ごと盗まれてしまう
  • Gmailから身に覚えのないメッセージの送信
  • アカウントに銀行情報を保存している場合は要注意!

スマホ内にある個人情報が丸ごと盗まれてしまう

Androidスマホを使用するにはGoogleアカウントが必須です。同時に、さまざまな情報をGoogleアカウントで管理しているので、Googleアカウントを乗っ取られるとスマホ内の個人情報が丸ごと盗まれてしまうということになります。

Googleドライブに保存してあるファイルや、写真にブラウザの履歴やブックマークなど、どれも盗まれたら大変です。また、ログインパスワードをブラウザなどで記録している場合には、それも盗まれるということになります。

Gmailから身に覚えのないメッセージの送信

Androidユーザーではない人でもGmailを利用している場合は多く、Googleアカウントを持っていることになります。Googleアカウントが乗っ取りされると「Gmailから身に覚えのないメッセージを送信されてしまう」なんてことが起こるかもしれません。

自分のGmailアドレスが犯罪に利用されたら怖いですよね。しかも連絡先を登録してあれば、その被害者が自分の知り合いということもあり得ます。

アカウントに銀行情報を保存している場合は要注意!

さらに銀行情報などをGoogleアカウントで保存している場合は要注意です。Googleアカウントで銀行のログインIDやパスワードを保存していれば、銀行口座へアクセスされる可能性が出てきます。

クレジットカードの情報も同様で、身に覚えのない請求が来るといった事態も起こるかもしれません。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。