スマホで見つける、もっと可愛い私

【PayPal】アカウントの削除・解約方法を解説!注意点も確認しよう

【PayPal】アカウントの削除・解約方法を解説!注意点も確認しよう

世界で3億人以上のユーザーが利用している決済代行サービスの「PayPal」。

PayPalのアカウントにクレジットカードや銀行口座を登録しておけば、PayPalを経由して安全にオンライン決済を行うことができます。

PayPalを使わなくなった時はアカウントを簡単に削除できますが、いくつか注意点があるので、削除する場合は注意点をしっかりと確認してから手続きを行いましょう。

今回は、PayPalのアカウントを削除・解約する方法や注意点について解説していきます!


【PayPal】アカウントの削除・解約をする前に!やっておくこと

PayPalのアカウントを削除・解約する時は、事前に以下の手続きを済ませておいて下さい。

  • 全ての取引を完了させておく
  • 残高を全て引き出す
  • 未確認メールアドレスを削除しておく
  • リンクする銀行口座・カードの詳細情報を削除しておく

では、以上の4つの手続きについてそれぞれ詳しく見ていきましょう。

全ての取引を完了させておく

PayPalのアカウントを削除・解約する前に、まずは全ての取引を完了させておきましょう。

アカウントを削除・解約すると、予定されていた取引や未完了の取引は全てキャンセルされてしまいます。

残高を全て引き出す

PayPalのアカウントを削除・解約する時は、アカウントの残高がゼロになっているかどうか確認して下さい。

残高がゼロになっていないとアカウントを削除・解約できません。

そのため、残高が残っている場合は、以下の手順で全て引き出してからアカウントを削除・解約して下さい。

アプリの場合

  1. 「PayPal」アプリを起動。
  2. ホーム画面の「PayPal残高」をタップ。
  3. 「出金」をタップ。

参照:PayPalヘルプセンター

ブラウザの場合

  1. ブラウザを開いたら、PayPalのトップページにアクセス。
  2. 画面右上の「ログイン」をクリックして、アカウントにログイン。
  3. ログインしたら、「ウォレット」をクリック。
  4. 「資金の移動」をクリック。
  5. 「出金する」をクリック。

参照:PayPalヘルプセンター

あとは、・画面の指示に従って指定の銀行口座に残高を全て移して下さい。

手続きが終わると、3~6営業日で指定した銀行口座に記帳されます。

未確認メールアドレスを削除しておく

PayPalのアカウントを削除・解約する前に、設定画面を開いて未確認メールアドレスを削除しておきましょう。

未確認メールアドレスとは、本人確認手続きを求められた際、PayPalから送られてくるメールのリンクをまだクリックしていない(本人確認手続きが済んでいない)メールアドレスのことを指します。

未確認メールアドレスが残っていると、それが原因でアカウントに制限がかかってしまい、解約手続きが行えなくなってしまう場合があるので注意して下さい。

リンクする銀行口座・カードの詳細情報を削除しておく

PayPalのアカウントを削除・解約する時は、アカウントとリンクされている銀行口座やカードの詳細情報を削除するのも忘れないで下さい。

操作手順

  1. ブラウザを開いたら、PayPalのトップページにアクセス。
  2. 画面右上の「ログイン」をクリックして、アカウントにログイン。
  3. ログインしたら、「ウォレット」をクリック。
  4. 左メニューから削除したい銀行口座・カードを選択。
  5. 銀行口座の場合は「銀行を削除」、カードの場合は「カードを削除」をクリック。

参照:PayPalヘルプセンター

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。