スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】メールのバックアップ方法!種類によって方法が違うよ

【iPhone】メールのバックアップ方法!種類によって方法が違うよ

新しい機種に変更するときや、他のキャリアに乗り換えるときは、メールのバックアップが必要です。

しかし、「メールのバックアップのやり方がわからない」と悩んでいる方も多いことでしょう。

そこで今回は、SMS・MMSとキャリアメールのバックアップ方法を解説していきます。

メールが突然消えてしまうこともあるので、万が一のときに備えてバックアップの方法を覚えておきましょう。

【iPhone】メールのバックアップについて

SMS・MMSとキャリアメール、それぞれどうやってバックアップをするのでしょうか。

ここでは、メールのバックアップについて以下の内容を紹介します。

  • SMS・MMSはiCloudまたはiTunesでバックアップが必要
  • キャリアメール(Eメール)はメールサーバーに保存される
  • 注意!乗り換えするならキャリアメール(Eメール)もバックアップが必要

それでは、詳しく見ていきましょう。

SMS・MMSはiCloudまたはiTunesでバックアップが必要

SMSとMMSはメールのやりとりでサーバーを経由しないので、自動で保存されることがありません。

なので、iCloudやiTunesなどを使ってバックアップをする必要があります。

キャリアメール(Eメール)はメールサーバーに保存される

キャリアメールはSMSとMMSメールが「サーバー」を経由する仕組みになっているので、各キャリアのメールサーバーに保存されます。

そのため、各携帯キャリアのホームページから「プロファイル(メールのデータファイル)」を一括設定でインストールすると、復元が可能です。

注意!乗り換えするならキャリアメール(Eメール)もバックアップが必要

機種変更や他キャリアに乗り換えをする場合は、事前にバックアップをしておかないとキャリアのサーバーにアクセスできなくなるので注意が必要です。

また、以前使用していたメールアドレスが使用できなくなるので、iCloudやiTunesなどを使ってバックアップしても復元はできません。

キャリアメールの場合は、GmailやYahooメールなどのフリーメールでバックアップが可能です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。