スマホで見つける、もっと可愛い私

【Apple ID】クレジット・iTunesカードなしで作る方法!

【Apple ID】クレジット・iTunesカードなしで作る方法!

Apple IDとは、App StoreなどAppleのサービスを利用してアプリやデジタルコンテンツを購入するのに必要なIDです。通常は支払いに必要なクレジットカードやApp Store & iTunesギフトカードを登録してIDを作成します。

けれど、クレジットカードを持っていなかったり、支払いが必要になったときに必要な分だけApp Store & iTunesギフトカードを登録したいという場合もありますよね。しかし、無料のアプリをダウンロードするためにもApple IDは必要です。

この記事では、そんな人のためにクレジットカードやApp Store & iTunesギフトカードなしでもApple IDを作る方法や、そのメリットについて解説します。

【Apple ID】クレジットカード・App Store & iTunesギフトカードなしでも作れるの?

実は、とある手順でAppleIDを作ればそれらの登録なしでもアカウントを作成できるんです。

iPhoneとMacで少しずつ手順が異なりますが、それぞれ丁寧に解説します。

App Storeを経由すれば作れる

クレジットカードやApp Store & iTunesギフトカードなしでのApple ID作成は、App Storeを経由すれば可能です。すでに使っているIDがある場合でも、新しいIDを作成することも可能。

クレジットカードやApp Store & iTunesギフトカードが登録されたアカウントを使っていて不便だと感じる人は、新しくアカウントを作り直してみるのも良いですね。

iPhoneでの作成手順

iPhoneの場合、まずはApp Storeをタップして開きます。右上にある人のアイコンのサインインボタンをタップして「Apple IDを新規作成」をタップします。画面の指示に従って必要な情報を入力します。ここで入力したメールアドレスが新しいIDになるので覚えておきましょう。

サインインボタン

Apple IDを新規作成

Apple IDの作成

支払い方法の登録

クレジットカードやApp Store & iTunesギフトカードなど支払いの情報を入力する画面が表示されますが「なし」をタップすると情報を入力せずに先に進むことができます。その後、電話番号を入力し、「次へ」をタップします。

最初に入力したメールアドレスに対して、Appleからメールが届きます。届いたメールの指示に従ってメールアドレスの確認を済ませると、Apple IDが使用可能になります。

Macでの作成手順

Macの場合にも、まずはApp Storeを開きます。左下にある「サインイン」をクリックして「Apple IDを作成」をクリックします。指示通りに情報を入力していきます。iPhoneの場合と同様に、ここで入力したメールアドレスがApple IDになるので覚えておきましょう。

請求先の情報は「なし」を選択し、確認メールが届いたら、メールアドレスの確認作業を行って作成完了です。

注意!iCloudからサインアウトしておくこと

iPhoneの場合にもMacの場合にも、Apple IDを作成する前にはiCloudからサインアウトしておく必要があります。サインアウトしないと「Apple IDを新規作成」や「Apple IDを作成」のボタンが表示されません。

作業の途中で困ったときには、使っているデバイスでiCloudにサインインした状態になっていないか確認してみてください。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。