スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneの保留の仕方は「長押し」するだけ!できないときの対処法も

iPhoneの保留の仕方は「長押し」するだけ!できないときの対処法も


通話相手によって使い分けた方が無難

まとめると、消音と保留にはこんな違いがあります。

自分の聞こえ方は以下の通りです。

POINT

  • 消音:相手の声や周りの音が普通の通話の時のように聞こえる
  • 保留:「プププ…」という電子音が流れるだけ

相手の聞こえ方は以下の通りです。

POINT

  • 消音:自分の声や周りの音がシャットダウンされた状態になる
  • 保留:「ただいま保留中です」と音楽が流れる

以上のことを考えると、基本的には「保留」の機能を使った方がいいでしょう。

特にリモートワークでお客さんとお話する際は、待たせるときに保留に切り替えた方が安心です。

相手にとっても「いまは保留で待たされている状態なんだな」と分かりやすいですし、音楽やガイダンスが流れるので無音で待たされるよりも退屈しません。

ただ、通話中に宅急便が届いたなどの保留にする暇がない時や、気心知れた友達との電話中に聞かれたくない音が流れそうなときであれば「消音」機能が便利です。

もし消音を使うのであれば、「ちょっと消音にするので無音になるよ」と一言伝えれば相手も不具合などを疑わずに済みますね。

通話の相手やシチュエーションによって、「消音」と「保留」を使い分けたいところです。

iPhoneの保留の仕方は簡単!便利に使いこなして

携帯電話やスマホで保留が使えることに気づいていないユーザーも意外と多いですよね。

でも、長押しするかタップするかの違いだけで「保留」と「消音」が使い分けられるのは、知っているととっても便利なんです!

シチュエーションにもよりますが、保留と消音をうまく使い分けると相手の通話のストレスが激減します。

iPhoneの保留は長押しをするだけなので、簡単なのでぜひ一度試してみてくださいね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。