スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneの画面がロック!「iPhoneを探す」で解除ができるよ

iPhoneの画面がロック!「iPhoneを探す」で解除ができるよ

iPhoneのロック解除は指紋認証や顔認証で行うことが多いですが、特に指紋認証の場合ホームボタンや指の汚れのため認証が行えない場合があります。

そのためパスコードを入力してロック解除を試みますが、パスコードがうろ覚えで何度も間違えた結果ロック解除が完全に不可能になってしまうかもしれません。

この記事では「iPhoneを探す」を使ってロックを解除する方法を解説していきます!

ロック解除を「iPhoneを探す」機能を使ってする前に!確認すること

iPhoneのロック解除をパスコードで行った経験はあるでしょうか。

指紋認証や顔認証でロック解除を行うという人は、パスコードを入力する機会はあまりないかもしれません。

でもiCloudからサインアウトするときなど、パスコードの入力が求められる機会があります。

パスコードは、4回までは誤入力しても大丈夫ですが5回以上間違えると一定期間入力できなくなり、10回誤入力すると完全にロックがかかりiPhoneを使用できなくなってしまいます。

こうなったらiPhoneだけで問題を解決することはできなくなります。

唯一の解決法はiPhoneの初期化、つまり購入当時の状態に戻すことです。こうした予期せぬ状況が起こったときのために、前もって行うべきことが2つあります。

「iPhoneを探す」がオンになっていないと使えない

ロック解除ができないiPhoneをリモートで初期化するには「iPhoneを探す」が有効化されていなければなりません。

無効化の状態ではiPhoneにアクセスしてリモート操作が行えないからです。

「iPhoneを探す」が有効になっているかどうかを確認する方法を説明します。

ホーム画面にある「設定」アプリを開きましょう。

設定アプリ

iPhoneの種々の設定を行うための設定画面が立ち上がるので、「ユーザー名」を選びタップします。

ユーザー名

iPhoneに紐付けられているApple IDの設定画面が立ち上がるので、表示されている設定項目の中から「探す」を選びタップしましょう。

探す

「iPhoneを探す」が表示されているのでタップします。

iPhoneを探す

「iPhoneを探す」の設定画面が立ち上がるので「ON」に設定されていることを確認しましょう。

iPhoneを探す

初期化することになるためバックアップが必要

2つ目に行うべきことは、iPhoneのバックアップを作成することです。

ロックを解除できないiPhoneを救い出す唯一の方法はiPhoneの初期化ですが、初期化すると購入した時の状態に戻ります。

つまり設定はすべてデフォルトに戻り保存されているアプリ、写真や動画、連絡帳のデータなどがすべて消えてなくなってしまいます。

大切なデータを保護するために必ずバックアップを行いましょう。

「iCloud」にバックアップする操作方法を説明します。

「iCloud」にバックアップを作成する

「設定」画面にある「ユーザー名」をもう一度選択し「Apple ID」画面を立ち上げましょう。表示されている設定項目の中に「iCloud」があるのでタップします。

iCloud

「iCloud」と同期可能なアプリがすべて表示されます。画面を下に向かってスクロールすると「iCloudバックアップ」が表示されているのでタップしましょう。

iCloudバックアップ

まず「バックアップ」欄にある「iCloudバックアップ」が「ON」になっていることを確認しましょう。確認したら「今すぐバックアップを作成」をタップしてバックアップを行いましょう。

今すぐバックアップを作成

「iTunes」経由でPCにバックアップを作成する

バックアップは「iCloud」だけでなく「iTunes」や「Finder」を経由してパソコン内で作成することもできます。

ここでは「iTunes」を使ってパソコン内にバックアップを作成する操作方法を説明します。

iPhoneとパソコンをUSBケーブルで接続しましょう。「iTunes」を立ち上げます。「iTunes」が立ち上がったら画面の左上に表示されている「iPhone」アイコンをクリックしましょう。

「iPhone」アイコン

画面の右メニューに「バックアップ」があるので、その中にある「このコンピュータ」にチェックを入れ、「今すぐバックアップ」をクリックしましょう。

今すぐバックアップ

別の端末から「iPhoneを探す」でロック解除する方法

準備がしっかりできたらiPhoneの初期化をリモートで行ってみましょう。

操作方法は2つあります。

初期化したいiPhoneと同じApple IDを使ってサインインしているiOSデバイスで行う方法と、Webサイト「icloud.com」から行う方法の2つです。

それぞれの操作方法をこれから順番に説明していきます。

最初に取り上げるのは他のiOSデバイスから行う方法です。

手順①「iPhoneを探す」を起動する

ここではiPadを例にして説明します。

iPadのiOSを最新の状態にアップデートしていれば、ホーム画面に「探す」アプリがあるので開きましょう。

探すアプリ

「位置情報の精度」に関するポップアップが表示されるので「OK」をタップします。

ポップアップ

「探すの新機能」に関するポップアップが表示されるので「続ける」をタップしましょう。

ポップアップ

「最後の位置情報を送信」を「ON」にするように尋ねるポップアップが表示されるので「オンにする」をタップします。

ポップアップ

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。