スマホで見つける、もっと可愛い私

ブックパスの使い方を徹底解説!auユーザーじゃなくても使えるよ!

ブックパスの使い方を徹底解説!auユーザーじゃなくても使えるよ!

ドラマや映画と同じように、本もスマホでサクサク読める時代になりました。

電子書籍サービスもいろいろリリースされていますが、今回はau公式の「ブックパス」について紹介します!

auユーザーでなくとも利用でき、漫画はもちろん、雑誌・実用書・小説など、さまざまな本が収録されている、超便利なサービスです。

外出先で本をよく読む、でも荷物になるのがイヤ!という人は、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

Contents[OPEN]

ブックパスの使い方の前に!基本をおさらい!

まずは、ブックパスがどのようなサービスなのかについて、基本的な情報をおさらいしておきましょう。

auが提供!電子書籍を取り扱うサービス!

ブックパスはauが提供しているサービスの1つ。スマホはもちろん、パソコンやタブレットなどでも利用でき、いつでもどこでも気になる本を見られます。

auのサービスなので、auユーザー限定のサービスだと思われがちですが、そんなことはありません。auの回線を使っていない人でも利用できます。2020年11月時点での購入可能な本の数は、なんと75万冊!これだけ揃っていれば、読みたい本が見つかるのではないでしょうか。

基本的には、本を購入して読むシステムではありますが、中には無料で読める物もあります。また、定額で読み放題になるプランも用意されているので、月に何冊も本を読む・読みたい!という人は、こちらのプランを利用するのも良いでしょう。定額プランについては、後で詳しく紹介します。

利用にはau IDが必要

上記で、au以外の人も使えるサービスであると書きましたが、利用する際には必ずau IDが必要になります。IDを作っておけば、ブックパスはもちろんのこと、他のKDDIのサービスも併せて利用できますよ。

対応している機種は?

ブックパスが利用できる機種は以下の通りです。

POINT

  • Android4.0.3以降のスマホ・タブレット
  • iPhone、iPad(iOS9.0以降)
  • パソコン(Windows7以降、Mac OS X 10.9以降)

上記のいずれかを満たした端末であれば利用可能ですが、なかにはOSが対応していても、機種として対応していない場合があります。その点は注意が必要です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。