スマホで見つける、もっと可愛い私

【Instagram】オンライン機能が表示されない!原因と対処法は?

【Instagram】オンライン機能が表示されない!原因と対処法は?


【Instagram】オンライン機能が表示されない原因と対処法《設定の問題》

ここからは、Instagramのオンライン機能が正常に表示されない原因と対処法について解説していきます。

まずは、設定の問題で表示されない場合の対処法を見ていきましょう。

オンライン機能を非表示にしている

他のユーザーのオンライン状況が表示されないのは、自分もしくはその相手がオンライン機能を非表示にしているのが原因です。

オンライン状況を確認するには、自分と確認したい相手の両方で以下の設定がオンになっている必要があります。

「アクティビティのステータスを表示」がオンにする必要がある

自分のアカウントでこの設定がオフになっていると、自分のオンライン状況を知られずに済みますが、その代わりに他のユーザーの状況も確認できなくなります。

また、こちら側で設定がオンになっていても、設定がオフになっているユーザーのオンライン状況は確認できません。

注意!

    相手のオンライン状況を確認したいたら、自分のオンライン状況も公開する必要がある!

オンライン機能をオン/オフする方法

オンライン機能のオン・オフを切り替えるには、以下の手順で操作を行って下さい。

「Instagram」アプリを起動します。

「Instagram」アプリを起動

画面右下のプロフィールアイコンをタップしましょう。

プロフィールアイコンをタップ

画面右上のメニューアイコン(横の三本線)をタップして下さい。

プロフィールアイコンをタップ

「設定」をタップします。

プロフィールアイコンをタップ

設定画面を開いたら、「プライバシー設定」をタップしましょう。

プロフィールアイコンをタップ

「アクティビティのステータス」をタップして下さい。

プロフィールアイコンをタップ

「アクティビティのステータスを表示」のスイッチをタップすれば、設定のオン・オフを切り替えられます。

「アクティビティのステータスを表示」の設定を変更

アカウント制限やブロックされている可能性も

相手のオンライン状況が表示されないのは、その相手があなたのアカウントを制限している、またはあなたのアカウントをブロックしているからかもしれません。

アカウントを制限されるとフォローは解除されませんが、相手のオンライン状況は表示されなくなります。

ブロックされるとフォローも強制的に解除され、オンライン状況を確認できなくなるのはもちろん、DMやコメントを送信したり、投稿を閲覧することもできなくなります。

相手にアカウントを制限されているかどうかは、制限される前と表示に変化がないので分かりにくいですが、ブロックされているかどうかは相手のプロフィールにアクセスすれば一発で分かります。

相手のプロフィールにアクセスした時、プロフィールアイコンや自己紹介が表示されたまま状態で「ユーザーが見つかりませんでした」と出た場合は、残念ながら相手からブロックされてしまっています。

ブロックされている状態

これが原因で表示されないのであれば、相手にアカウントの制限やブロックを解除してもらうしか対処法がないので潔く諦めた方が良いでしょう。

【Instagram】オンライン機能が表示されない原因と対処法《利用条件や不具合》

設定には問題ないのにそれでも表示されない場合は、利用条件を満たしていない、もしくはアプリやスマホ、システムの不具合が原因として考えられます。

フォロワーになっていない・メッセージのやり取りをしたことがない

先ほども説明しましたが、オンライン状況を確認できるのは自分のフォロワーでかつメッセージをやり取りしたことがあるユーザーのみです。

お互いに「アクティビティのステータスを表示」の設定がオンになっていても、条件を満たしていないユーザーのオンライン状況は確認できません。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。