スマホで見つける、もっと可愛い私

「m4a」ファイルがiTunesで再生できない!解決方法は「変換」

「m4a」ファイルがiTunesで再生できない!解決方法は「変換」

m4aは、音質が良く圧縮率も高いので、iPhoneなどを使っている人には特に馴染みのある音楽のフォーマットです。しかし、ごく稀にiTunesで再生できないm4aファイルに出会うことがあります。

そんなときの解決方法は、ずばりファイル形式の変換です。今回は、iTunesで再生できないときにぜひ試したい、m4aファイルを変換する方法についてご紹介します。

iTunesで再生できない「m4a」ファイルってなに?

変換する前にぜひとも知っておきたいのが、m4aとはどんなファイルなのかということです。ここからは、m4aというフォーマットについて詳しく見ていきます。

Apple独自のファイル形式

「m4a」とは、音声ファイルのフォーマットの1つです。音楽のフォーマットには、ほかにmp3やwmaなどがあります。高い圧縮率が特徴で、限られたスペースで大量に音楽を管理したいときなどに便利です。

そんなm4aは、Apple独自のファイル形式でもあり、iTunesでCDを取り込むとき、購入した音楽などにも採用されています。

m4aは、mp3などに比べると新しいフォーマットです。なので、エンコード時の設定などにもよりますが、圧縮率、音質ともにmp3よりも優れているのが特徴となります。

カーナビなど未対応の機器では再生できない

Apple独自のファイルであるm4aは、iPhoneやiPodなどApple製品で再生可能です。また、iTunesなど、Appleが提供する音楽ソフトでも、基本的には問題なく再生できます。

しかしm4aは、比較的新しい音声フォーマットです。そして、Apple独自のものということもあり、一部カーナビや携帯オーディオプレイヤーなどには未対応となっています。なので、普段音楽をm4aで管理している人は、再生可能かどうかをしっかり確認してからカーナビや音楽プレイヤーを選びましょう。

特に、古い携帯オーディオプレイヤーやカーナビに未対応のものが多いです。

「m4a」ファイルがiTunesで再生できないときの解決方法

Apple独自のファイル形式である「m4a」ですが、何かしらの理由で稀にiTunesで再生できないことがあります。そんなときにおすすめの解決方法なのが、ファイル形式の変換です。ここからは、m4aが再生できないときの解決方法を詳しく見ていきます。

mp3のファイル形式に変換する

何かしらの理由でiTunesで再生不可能なm4aに出会ってしまったときは、ファイル形式を変換して再生できるようにしましょう。

音楽のファイル形式には、たくさんの種類があります。その中でも最適なのが、mp3です。mp3にすると再生できる可能性が高くなります。また、iTunesを使って簡単に変換可能で、しかも汎用性が高くファイルサイズも小さめなので管理しやすいです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。