スマホで見つける、もっと可愛い私

【TweetDeck】英語を日本語に変更するには?翻訳機能を活用しよう

【TweetDeck】英語を日本語に変更するには?翻訳機能を活用しよう

「TweetDeck」はすべて英語表記なので「英語がよくわからないから使いづらい…」と、使うのを躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、TweetDeckを日本語化して便利に使う裏技をお教えします!

合わせて、TweetDeckの使い方についても簡単に解説していきます。英語表記で使うのをためらっていた方、何となく使っていてもう少し詳しい使い方が知りたい方、そのそもTweetDeckって何?という方、ぜひ読んでいってくださいね!

【TweetDeck】言語設定を日本語に変更できる?《基礎知識》

まずは、TweetDeckでどんなことが出来るのか?日本語で使うことが出来るのか?について解説していきます。

そもそも「TweetDeck」って何ができるの?

TweetDeckの大きな特徴は、複数のタイムラインやアカウントを統合して見やすく、使いやすくしてくれる点です。

例えば、次に挙げるような使い方ができるようになります。

POINT

  • タイムラインだけでなく、メッセージなどを同じ画面で確認する
  • 複数のアカウントのタイムラインを1つの画面で閲覧する

表示する項目をカスタマイズすることも出来るので、必要な項目を増やしたり、逆に減らしたりして、より情報を見やすくすることが出来ます。

こんな便利なサービスなのですが、情報や設定画面がすべて英語表記になっています。英語がイマイチ苦手…という方には、ちょっと使いづらいですよね。

では、TweetDeckを日本語化することは出来るのでしょうか?

TweetDeckで言語変更はできない!

TweetDeckそのものには、言語設定を変更する機能はありません。つまり、英語表記しか対応していないということです。

10年ほど前までは、日本語版もリリースされていたようですが、今ではWeb版とTweetDeck for Macのみとなっています。

ですが、TweetDeckで日本語化が出来なくても、他の方法を使えば変えることが可能です!

翻訳機能を使って日本語にしよう!

ブラウザの翻訳機能やアドオンを使えば、日本語以外の言語で書かれたWebページを日本語にすることが出来ます。TweetDeckもこれらの機能を使えば日本語化できるというわけです。

ただし、機械翻訳なので完ぺきに正確な日本語になるわけではありません。「何となく意味は分かる」程度の翻訳にしかならないこともあるので、そこはご注意ください。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。