スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple Watchでロック解除!マスクをしたままでも顔認証できる

Apple Watchでロック解除!マスクをしたままでも顔認証できる

Apple Watchは、腕時計の形をしつつスマートフォンの機能を使えたり、iPhoneの機能をより快適にしてくれるスマートウォッチです。

Apple Watchを持っていると、iPhoneがさらに便利に使える点はたくさんありますが、中でも便利なのがロック解除です。

今回はロック解除の方法や設定について解説し、どのような点が便利なのかも詳しく見ていきます。

Apple Watchのロック解除方法は2つ

解除の方法は2種類あります。

どちらかひとつでもロックを開けることはできますが、万が一に備えて2つとも使いこなせるようにしておくと便利です。

Apple Watch単体での設定できるやり方と、iPhoneと合わせて使うものの2種類あるので使いやすい方を普段使いすると便利です。

パスコード入力によるロック解除

基本的な解除のやり方なので、ほとんどの人が使っています。

Apple Watchを起動すると、数字のられるが表示されパスコードの入力が求められます。

AppleWatch パスコード

この組み合わせはいつでも設定から変更することもできます。

変更方法は設定を開き、「パスコード」へと進むと上部に変更ボタンが表示されます。

AppleWatch パスコード変更

AppleWatch パスコード変更2

ここからオフにすることもできますが、万が一紛失してしまった時のことを考えると設定しておくのがおすすめです。

iPhoneからApple Watchのロック解除をする

もう一つのやり方は、iPhoneを使います。

iPhoneを条件下で使うだけでApple Watchの解除もできる便利な機能です。

詳しくは下でご紹介しますが、お互いにロック解除をスムーズにしてくれます。

Apple Watchのロック解除方法①「基本の解除」

基本的なApple Watchのロック解除方法はパスコードです。手首検出機能がオンになってい時、手首につけてから最初に使う際に入力画面が出てきますよね。その画面で説明していきます。

解除手順

パスコードを解除するには、それぞれ設定した数字の入力が必要となります。

決めてある数字の組み合わせを入力すると、解除されます。

AppleWatch パスコード

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。