スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】バックアップを暗号化しないとどうなる?解除方法も解説

【iPhone】バックアップを暗号化しないとどうなる?解除方法も解説

iTunesでiPhoneのバックアップを作成する際には、暗号化の有無を選択することができますが、暗号化せずにバックアップをとるメリットはあるのでしょうか?

今回は、バックアップを暗号化しないメリットやデメリット、暗号化を解除する方法について解説していきます!

【iPhone】バックアップの暗号化とは?

まずは、バックアップの暗号化とはどういったものなのか一緒に確認していきましょう。

通常では対象にならないデータもバックアップできる

iTunesでiPhoneのデータのバックアップを取る時、データを暗号化するかどうか選択することが可能です。

暗号化すると、通常では対象にならない以下のデータもバックアップできます。

  • 保存したパスワード
  • Wi-Fi設定
  • Webサイトの履歴
  • ヘルスケアデータ
  • 通話履歴

参照:Appleサポート

iPhoneとPCを接続してiTunesを起動し、端末の設定画面で「ローカルバックアップを暗号化」にチェックを入れると、パスワードの設定を求められます。

「ローカルバックアップを暗号化」にチェック

暗号化したバックアップを復元する際には、チェックを入れた時に設定したパスワードの入力が必要になります。

チェックを入れた時に設定したパスワードの入力が必要

パスワードが間違っているとバックアップから復元できなくなってしまうので注意して下さい。

暗号化しないときのメリット

暗号化しないメリットとしては、設定したパスワードを覚えておく必要がないという点です。

先ほども説明した通り、暗号化を行う場合はパスワードの設定が必要で、そのパスワードを正しく入力しないとバックアップから復元できなくなってしまいます。

また、パスワードを忘れてしまうと暗号化を解除することもできませんし、新しいパスワードに変更することもできません。

そのため、うっかりと忘れないようにきちんとパスワードを管理しておく必要があります。

しかし、そうしなければパスワードが必要ないので、セキュリティ面は少々不安ですが、パスワード忘れで復元できなくなるトラブルは避けられます。

暗号化しないときのデメリット

逆に暗号化しないデメリットとしては、先ほども説明した通り「保存したパスワード」や「Wi-Fi設定」など一部のデータのバックアップが取れないという点が挙げられます。

特に保存したパスワードを覚えていないと、初期化後や機種変更後に再発行の手続きに手間がかかってしまうので、それだと困る方は暗号化の設定をオンにしておきましょう。

また、iTunesのバックアップはPCに保存されますが、ウイルス感染や不正アクセスなどによってiTunesのバックアップが外部に流出してしまう恐れもあります。

もし、暗号化せずにバックアップを取っていた場合、外部に流出したバックアップからiPhoneのデータを盗み見られてしまう可能性も十分にあります。

暗号化しておけば復元はほぼ不可能なので、セキュリティ面を重視するのであれば暗号化の設定をオンにしておきましょう。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。