スマホで見つける、もっと可愛い私

【高い?】PayPal手数料まとめ!アカウントの種類別に解説するよ

【高い?】PayPal手数料まとめ!アカウントの種類別に解説するよ

「PayPalの手数料は高い」というレビューはよく見られますよね。でも実際はどうなの?って気になるところ。

そこでこの記事では、そんなPayPalの手数料について、なぜ高いのかや、アカウントの種類によって違うことについて詳しく解説していきます!

【PayPal】手数料の種類

PayPalでは、取引にかかる複数の手数料がまとめて発生する仕組みになっています。

金額を適切に知っておかないと損をする可能性もあるので、これからPayPalで取引する予定のある方は要チェックです。

主な手数料は以下の4つ。それぞれ詳しく説明していきます。

PayPal手数料

  1. 個人間送金・受取手数料
  2. 商品支払い手数料
  3. 通貨換算手数料
  4. 出金手数料

個人間送金・受取手数料

1つ目は「個人間送金・受取手数料」です。

これは、ユーザー間でお金を送ったり受け取る時に発生する手数料です。

商品支払い手数料

2つ目は「商品支払い手数料」です。

これは、ネットショッピングなどで商品を購入したときに加算されます。

通貨換算手数料

3つ目は「通貨換算手数料」です。

この手数料は、分かりやすく言うと、1つの通貨から別の通貨に変える際に発生するものです。

例えば、USドルから円に切り替えたい時などに、この手数料がかかる決まりになっています。

出金手数料

4つ目は「出金手数料」です。

PayPalのアカウントには、まとまったお金を入れておくことができます。そして、必要に応じて出金することも可能です。

ですが、出金時には手数料がかかります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。