スマホで見つける、もっと可愛い私

【Amazon】コンビニ支払いできない!原因や商品の見分け方も解説!

【Amazon】コンビニ支払いできない!原因や商品の見分け方も解説!

Amazonで買い物をする時に、安全なコンビニ支払いを利用する人も多いですよね。

クレジットカードを持っていない人や、代引きなどで手数料を支払いたくない時には、とても便利な支払い方法です。

ですが、たまにコンビニ支払いを利用できないことがあります。

この記事では、Amazonで買い物をした際にコンビニ支払いを選択できない原因とその商品の見分け方について見ていきましょう!

【Amazon】コンビニ支払いできない!原因は?

Amazonのコンビニ支払いは、店頭端末で印刷した決済用の券や支払い番号をレジで提示すると、手数料無料で料金を払うことができます。

ですが、Amazonにある全ての商品でコンビニ支払いができるわけではありません。

コンビニ支払いができない理由はさまざまです。

ここでは、代表的な理由をいくつかご紹介していきます。

マーケットプレイス出品者が発送する商品

Amazonのサイトには、「Amazonが販売している商品」と「Amazon以外の出品者が販売している商品」がラインナップされています。

Amazonマーケットプレイスは、Amazon以外の出品者が販売できる制度です。

マーケットプレイス出品者は、それぞれ対応する支払い方法を決めることができます。

そのため、コンビニ支払いに対応していない商品もあるのです。

ただし、マーケットプレイスの商品であっても、コンビニ支払いに対応していることもあります。

気になる方は、商品購入時に必ず確認しておきましょう。

お急ぎ便や日時指定便を利用している

実は、Amazonが出品・販売している商品であっても、コンビニ支払いに対応していない場合があります。

「お急ぎ便」や「日時指定便」を利用している場合には、コンビニ支払いを選択できません。

お急ぎ便や日時指定便の条件を優先させるためには、対応できる決済方法が限られてしまいます。

ですが、「商品そのものがコンビニ支払いに対応していない訳ではない」ので、コンビニ支払いをしたいときは「通常配送」に変更して手続きを進めるのがおすすめです。

高額商品や上限以上の購入金額

Amazonのコンビニ支払いには、30万円の支払い上限があります。

そのため、上限以上となる購入金額の場合、コンビニで支払いは利用できません。

「Amazonが出品している商品でお急ぎ便でもないのにコンビニ支払いを選択できない」ときには、代金が高額になってしまっていないかどうかを確認してみましょう。

コンビニ払いを選択できない商品例

ト

また、上記のほかにも、コンビニ支払いができない場合があります。

いくつかの制約があるので、コンビニ支払いが選択できないときにいくつか当てはまるかもしれません。

Amazonでコンビニ払いができない商品の一例

  1. Amazon定期おトク便の注文
  2. Amazonフレッシュからの注文
  3. 支払い方法に制限を設けている商品
  4. チャージタイプ以外のAmazon.co.jpギフト券
  5. Amazonコイン
  6. デジタルコンテンツ
  7. 合計金額がコンビニ払いの上限以上の注文
  8. 高額な時計
  9. 登録住所に送付されるほしい物リストの商品

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。