スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneのアプリの入れ方を解説!iTunesからもインストールできるよ!

iPhoneのアプリの入れ方を解説!iTunesからもインストールできるよ!

「App Store」には、SNSや動画、音楽、ニュース、ゲームなど様々なジャンルのアプリが多数配信されています。

その中から好きなアプリをインストールして使うのがiPhoneの楽しみの1つですが、iPhone初心者の中には「そもそもどうやってアプリを入れればいいのか分からない…」という方もいると思います。

そこで今回は、そんな方に向けてiPhoneにアプリを入れる方法について解説していきます!


【iPhone】アプリの入れ方を知りたい!まず知っておきたいこと

まずは、iPhoneにアプリを入れる上で必要となる知識を身に着けておきましょう。

支払い方法を決めておこう

有料アプリをインストールしたりアプリ内で有料コンテンツを購入するには、事前にApple IDで支払い方法を設定しておく必要があります。

支払い方法として設定できるのは以下の通りです。

  • クレジットカード・デビットカード
  • キャリア決済(スマホの料金と合算する方法)
  • iTunesカード

まだ支払い方法を設定していない場合は、以下の手順で設定しておきましょう。

支払い方法を設定

操作手順

  1. 「設定」アプリを起動。
  2. 一番上に表示されている自分の名前をタップ。
  3. 「支払いと配送先」をタップ。
  4. Apple IDのパスワードや生体認証(Face ID・Touch ID)で認証を行う。
  5. 「お支払い方法を追加」をタップ。
  6. 支払い方法の情報、請求先氏名、請求先住所を入力。
  7. 画面右上の「完了」をタップ。

参照:Appleサポート

これで設定完了です。

Wi-Fiに接続していた方が良いかも

App Storeからアプリをインストールする時はデータ通信が発生するので、iPhoneをネットに接続する必要があります。

モバイルデータ通信でもWi-Fiでもインストールできますが、できればWi-Fiに接続している時にインストールすることをおすすめします。

モバイルデータ通信だと、利用中の料金プランで決められている月間データ容量を消費します。

その上限を超えると速度制限がかかって、通信速度が大幅に低下してしまいます。

Wi-Fiであればデータ容量を一切消費しないので、速度制限を気にすることなくアプリをインストールできます。

【iPhone】アプリの入れ方《基本》

ここからは、iPhoneにアプリをインストールする方法について解説していきます!

アプリをインストールする方法

まずは、App Storeからアプリをインストールする基本的な方法を見ていきましょう。

ホーム画面にある「App Store」アプリを起動します。

「App Store」アプリを起動

画面下部の「検索」をタップしましょう。

「検索」をタップ

画面上部の検索バーをタップして、インストールしたいアプリ名を入力して下さい。

インストールしたいアプリ名を入力

インストールしたいアプリの「入手」をタップします。

「入手」をタップ

Apple IDのパスワードを入力しましょう。

Apple IDのパスワードを入力

認証が通ればアプリのインストールが始まります。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。