スマホで見つける、もっと可愛い私

【Google フォト】「元の画質」と「保存容量の節約」の違いは?

【Google フォト】「元の画質」と「保存容量の節約」の違いは?

【2021年6月1日以降】画質に関わらず容量は15GBまで無料

タダで使い放題というこれまでのサービス内容が一新された今回の変更によって、各ユーザーが利用できるクラウドストレージの容量に上限が設けられました。無料で利用できるストレージ容量の上限は、写真や動画の画質に関係なく一律で15 GBまでです。

2021年5月末までに「高画質」で保存したデータの容量について

ここで気になるのは、変更が加えられた今回の調整前に「高画質」つまり「保存容量の節約」に設定して保存されている写真や動画はどんな影響を受けるのかということです。

Google フォトの公式ページによると、2021年5月末までに「高画質」で保存された写真や動画のデータは、Google アカウントの保存容量を使用しないとのことです。つまりアップロードした時のデータ容量のまま保存されるということです。

高画質にこだわらなければ「保存容量の節約」を選択し写真や動画をアップロードしよう!

Googleがこれまで提供していたタダで使い放題というGoogle フォトのサービスは多くの人を魅了していました。でも現在は1つのGoogle アカウントにつき最大15 GBまでという上限が設けられたため、賢く写真や動画のデータをアップロードしなければなりません。

「保存容量の節約」を選択してアップローすれば、たくさんのデータを保存できます。高画質にこだわらないならぜひ活用しましょう。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。