スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】2ファクタ認証の確認コードが届かないときの対処法

【iPhone】2ファクタ認証の確認コードが届かないときの対処法

自分のApple IDやパスワードが流出して、第三者にiPhoneへログインされたら困りますよね。

それを防いでくれるのが、iPhoneの「2ファクタ認証」機能です。

「2ファクタ認証」を利用する際に不可欠なのは確認コードを受け取ることですが、稀に送信される確認コードがiPhoneに届かないことがあるようです。

そこで今回は、2ファクタ認証が届かないときの対処法をご紹介します。

【iPhone】確認コードが届かない!基本をおさらい!

iPhoneの高いセキュリティを支えているのが「2ファクタ認証」システムです。

そして、「2ファクタ認証」で不可欠なのが確認コードです。

確認コードが果たす役割は「2ファクタ認証」にとってとても重要です。

確認コードは2ファクタ認証をするときに使う

「2ファクタ認証」は本人確認のための機能です。

そして本人確認をするために送信されるのが確認コードです。

世界中のサイバー犯罪者は、クレジットガードや銀行口座といった大切な個人情報と紐付けられているiPhoneのApple IDに不正アクセスするため、あらゆる手段を使ってパスワードを割り出そうとします。

ユーザー名とパスワードを突き止められApple IDに他のデバイスからアクセスしようとしても、送信される確認コードがなければアクセス許可は出ないため、不正アクセスを未然に防いでくれます。

確認コードを受け取る方法はいくつかあるよ

本人確認のために採用されているiPhoneの「2ファクタ認証」で送信される確認コードを受け取る方法は3つあります。

1つの方法で確認コードが受け取れなくても他の方法を試せば受け取れるので、もしもの時にはとても便利です。

後ほど詳しく説明します。

【iPhone】確認コードが届かない!まずは基本の方法を確認しよう

「2ファクタ認証」の確認コードは、誰もが一度は受け取ったことがあるのではないでしょうか。

機種変更でiPhoneを新しく購入して、初めてApple IDにサインインするときには確認コードの入力が必ず求められます。

これから、確認コードを受け取る3つの方法を紹介していきます。

信頼されているデバイスで確認コードを受け取る

確認コードを受け取る最初の方法は、信頼されている端末で受け取る方法です。

この方法で恐らくほとんどのiPhoneユーザーが確認コードを入手すると思われます。

実際どのように確認コードが送られるのかチェックしていきましょう。

ここでは「icloud.com」にアクセスして確認してみます。パソコンのブラウザを開きicloud.comを立ち上げましょう。Apple IDのサインイン画面が立ち上がるので、電子メールとパスワードを入力しましょう。

サインイン

「2ファクタ認証」を行う画面が立ち上がります。この画面で6桁の確認コードの入力が求められます。確認コードはApple IDで承認されている他のデバイスに送られます。

2ファクタ認証

iPhoneやiPadといったApple IDで承認されている端末に「Apple ID サインインが要求されました」というポップアップが表示され許可を求められるので「許可する」をタップしましょう。

ポップアップ

「Apple ID確認コード」がポップアップされ6桁の確認コードが表示されます。後は先ほどの「2ファクタ認証」画面に確認コードを入力すればサインイン完了です。

確認コード

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。