スマホで見つける、もっと可愛い私

【LINE】メッセージに文字数制限はある?文字数を確認する方法は?

【LINE】メッセージに文字数制限はある?文字数を確認する方法は?

LINEは、メールと違って文章の形式にこだわる必要がなく、気軽にストレートな会話を友だちとできるため人気があります。

多くのユーザーは、短文やスタンプなどでやりとりすることが多いので、気にされたことがないかもしれませんが、送信できるメッセージの文字数に上限があることはご存じでしょうか?

この記事では、LINEで送信できる文字数について解説します。

【LINE】メッセージの文字数に制限はある?

LINEで友だちとメッセージのやり取りをする際、文字数を意識する人はほとんどいないと思います。

そのため、LINEには文字数の上限がないと思われがちですが、実は文字数には制限があります。

メッセージの文字数制限は1万文字!

LINEで送信可能なメッセージの文字数上限は、1万文字です。以前までは文字数の上限は500文字に設定されていましたが、最新版LINEの仕様では1万文字まで緩和されました。

1度のメッセージで1万文字も入力する人はほとんどいないため、あまり文字数を気にする必要はないかもしれませんね。

残り文字数は表示されない

メッセージ入力中に、どれだけの文字数に達したか表示してくれると安心できますよね。

残念ながら現在のLINEの仕様では、残り文字数を表示する機能は搭載されていません。

そのため、LINE上で文字数をチェックすることはできません。

【LINE】メッセージの文字数をカウントするには?

LINEには入力した文字数をカウントしたり、残りの入力可能な文字数を表示したりする機能がないので、自分のメッセージが何文字なのか確認できません。

しかし、文字数をカウントできるアプリを使ってメッセージを作成し、その後、LINEトーク画面へペーストして送信すれば、理想の文字数でメッセージを投稿できます。

ここでは、文字数がカウントできる3つのおすすめアプリを紹介します。

文字数カウントメモ(iPhone/Android)

最初に紹介するアプリは「文字数カウントメモ」アプリです。

操作はとても簡単です。メッセージ作成画面でメッセージを作成すると、文字数と行数が画面上部に表示されます。「メニュー」を押せば「コピー」が表示されるので、あとはLINEのトーク画面へペーストして、送信するだけです。

文字数カウントメモ

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。