スマホで見つける、もっと可愛い私

【Apple Watch】地図を使おう!「マップ」アプリの基本をおさらい!

【Apple Watch】地図を使おう!「マップ」アプリの基本をおさらい!

Contents[OPEN]


【Apple Watch】Google マップの地図を使う方法《事前準備》

ここまで、Apple Watchの「マップ」アプリの基本操作や機能などを紹介してきましたが、Apple Watchへ他の「マップ」アプリをインストールして使うこともできます。

例えばGoogle マップは、iPhoneだけでなくApple Watchにもインストールできるので、Google マップをインストールして利用すればApple Watchの「マップ」アプリと併用し補い合えます。

Apple WatchでGoogle マップの地図を使える条件は?

Apple WatchでGoogle マップを利用するには、以下の条件を満たした端末を使う必要があります。

  • Apple WatchのOSがwatchOS 5 以上
  • iPhoneのOSがiOS 10以上
  • Bluetoothが有効

Apple WatchにGoogle マップをインストールしよう

Apple WatchにGoogle マップをインストールしてみましょう。

Apple Watchのホーム画面にある「App Store」アプリをタップして下さい。

App Storeアプリ

画面上部に検索ボックスがあるのでタップします。

検索ボックス

「検索」画面上部に「マイク」アイコンがあるので、タップしましょう。

マイクアイコン

Siriへの音声入力画面が開くので、Siriに向かって「Google マップ」と言いましょう。Siriが音声を認識し文字入力を行ったら「完了」をタップします。

音声入力

Google アプリが表示されるので、「雲」で表現されたインストールボタンをタップして、インストールを行いましょう。

アプリのインストール

Apple WatchからGoogle マップを設定しよう

Google マップのインストールが終わったら、Google マップをApple Watchで利用できるよう初期設定を行います。

アプリのインストール後、Google マップへ位置情報の使用を許可するか尋ねる画面が開くので、下へスクロールしましょう。

スクロール

「1度だけ許可」「Appの使用中は許可」「許可しない」の3つの選択肢が表示されているので、「Appの使用中は許可」を選択します。

位置情報の使用許可

Googleの初期設定画面が開くので「自宅」をタップしましょう。

自宅

iPhoneの「Google マップ」アプリの画面が、自宅の設定画面になるので「自宅」をタップします。

自宅

自宅の住所登録画面になるので、検索ボックスへ直接住所を入力するか、「地図上で選択」または「連絡先から選択」を選択して登録しましょう。ここでは「地図上で選択」を選びます。

地図上で選択

現在地周辺の地図が表示されるので、自宅までピンを移動させましょう。完了したら画面下にある「OK」をタップします。

周辺地図

先ほどの自宅設定画面に戻ります。「自宅」の下に「職場」があるのでタップしましょう。

職場

住所登録画面が開くので、先ほどと同じように検索ボックスへ直接住所を入力するか、「地図上で選択」または「連絡先から選択」を選択して登録しましょう。ここでは、再び「地図上で選択」を選びます。

地図上で選択

現在地周辺の地図が表示されるので、職場までピンを移動させましょう。完了したら画面下にある「OK」をタップします。

周辺地図

自宅と職場がGoogle マップへ登録されました。

自宅と職場の登録完了

Apple Watchへ戻ります。設定内容が反映されているのが分かります。下へスクロールしましょう。

スクロール

「ショートカットを編集」をタップします。

ショートカットの編集

iPhoneの「Google マップ」アプリに戻ります。「ショートカットを編集」画面が開くので、「カスタムショートカットを追加」をタップしましょう。

カスタムショートカットを追加

検索ボックスへショートカットを作成したい場所の名前を入力します。候補が表示されるので、目的のものを選びましょう。

ショートカットの作成

「ラベルの追加」が開くので、ショートカットのラベルの名前を入力しましょう。候補が表示されるのでタップします。

ラベルの作成

ショートカットがラベル付きで作成されました。

ショートカットの完成

Apple Watchへ戻りましょう。先ほど登録した「自宅」と「職場」の下に、作成したショートカットが表示されていることを確認できます。

ショートカットの作成

【Apple Watch】Google マップの地図を使う方法

Google マップの初期設定が行えたので、さっそくアプリを開いて操作してみましょう。これから、経路案内を行う2つの方法を順番に説明します。

移動手段を選ぶ方法

Apple Watchの「Google マップ」アプリは、iPhoneやAndroidスマホの「Google マップ」アプリとは違い、経路の設定をする前に移動手段を設定する必要があります。アプリのトップ画面に戻りましょう。

画面を下へスクロールしていくと、「移動手段を設定」があるのでタップします。

移動手段を設定

「徒歩」「車」「交通機関」といった移動手段の選択肢が表示されるので、頻繁に利用する移動手段を選びタップしましょう。ここでは例として「車」を選択します。

移動手段の選択

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。