スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneでバックアップのパスワードを求められたときの対処法を解説!

iPhoneでバックアップのパスワードを求められたときの対処法を解説!

iPhoneのバックアップをiTunesに保存しておけば、機種変更した時や初期化した時、バックアップからデータを復元することができます。

しかし、復元の際に設定した覚えのないパスワードの入力を求められる場合があります。

今回は、iTunesでバックアップのパスワードを設定した覚えがない時の対処法について解説していきます!


【iPhone】iTunesでバックアップのパスワードを設定した覚えがない!原因は?

iTunesでバックアップから復元しようとした時、パスワードの入力を求められる場合がありますが、そもそも設定した覚えがない…という方もいると思います。

では、設定した覚えがないのに入力を求められるのは一体なぜなのでしょうか?

そもそもiTunesの「バックアップ用のパスワード」ってなに?

iTunesの「バックアップ用パスワード」とは、iTunesでiPhoneのバックアップをとる際、「ローカルのバックアップを暗号化」にチェックを入れた場合に設定が必要となるパスワードのことです。

バックアップ用のパスワード

暗号化したバックアップを復元するには、設定したパスワードの入力が必要になるのでセキュリティ的に安全です。

設定したパスワードの入力が必要

また、暗号化することによって以下のデータもバックアップできるようになります。

  • 保存したパスワード
  • ヘルスケアデータ
  • Wi-Fi設定
  • 通話履歴
  • Webサイトの閲覧履歴

参照:Appleサポート

ただ、このパスワードを忘れてしまうとバックアップから復元できなくなってしまいます。

パスワードの変更や暗号化の解除もできなくなるので、設定したパスワードは忘れないようにきちんと管理しておくことが大切です。

設定したが忘れている可能性があるよ

今はバックアップのパスワードを設定した覚えがなくても、実は何年も前に自分で設定していて、それを単に忘れてしまっているだけかもしれません。

iPhoneのパスコードやログインパスワードとは違い、バックアップ用パスワードは入力する機会がほとんどないので、設定したこと自体忘れてしまっても仕方ないでしょう。

パスワードを自分で設定した場合、他のWebサービスで使用しているパスワードや、スマホのロックを解除するためのパスコードを使い回している可能性があるので、試しに何度も入力すれば解除できるかもしれません。

家族が設定している場合もある

家族と一緒に住んでいる方だと、家族の誰かが「ローカルのバックアップを暗号化」にチェックを入れ、パスワードを設定してしまった可能性もあります。

このケースだと、心当たりのあるパスワードを何度も入力する対処法が使えませんし、設定した本人も忘れてしまっている可能性が高いので厄介です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。