スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneでバックアップのパスワードを求められたときの対処法を解説!

iPhoneでバックアップのパスワードを求められたときの対処法を解説!


【iOS 11以降】「すべての設定をリセット」を実行する

iOS 11以降のiPhoneをお使いであれば、「すべての設定をリセット」を実行することでバックアップのパスワードがリセットされ、新たにバックアップを作成できるようになります。

ただし、この方法でパスワードをリセットする場合は以下の点に注意して下さい。

  • 以前作成したバックアップからは復元できなくなる
  • iPhoneの全ての設定がリセットされる(写真などのデータやアプリは削除されない)

「すべての設定をリセット」を実行するには、以下の手順で操作を行って下さい。

「設定」アプリを起動します。

「設定」アプリを起動

「一般」をタップしましょう。

「一般」をタップ

「転送またはiPhoneをリセット」をタップして下さい。

「転送またはiPhoneをリセット」をタップ

「リセット」をタップします。

「リセット」をタップ

「すべての設定をリセット」をタップしましょう。

「すべての設定をリセット」をタップ

iPhoneのパスコードを入力して下さい。

iPhoneのパスコードを入力

確認画面が表示されたら「すべての設定をリセット」をタップします。

「すべての設定をリセット」をタップ

そしたら、リセットが完了するまでしばらく待ちましょう。

リセットが完了してホーム画面が表示されたらiTunesを開いてiPhoneとPCをケーブルで接続し、「ローカルのバックアップを暗号化」のチェックが外れているか確認して下さい。

iCloudからiPhoneの復元を試す

iOS 10以前のiPhoneでは、バックアップのパスワードをリセットすることができません。

機種が古くてパスワードをリセットできない場合は、iCloudバックアップからの復元を試してみて下さい。

iCloudでバックアップを作成する

まずは、iCloudでiPhoneのバックアップを作成します。

操作手順

  1. 「設定」アプリを起動。
  2. 一番上に表示されている自分の名前をタップ。
  3. 「iCloud」をタップ。
  4. 「iCloudバックアップ」をタップ。
  5. 「iCloudバックアップ」がオフになっていた場合は、スイッチをタップして設定をオンにする。
  6. 「今すぐバックアップを作成」をタップ。

参照:Appleサポート

そしたら、バックアップが完了するまでしばらく待ちましょう。

「前回のバックアップ」の日付が更新されたら次のステップに進んで下さい。

iPhoneを初期化する

iCloudバックアップを作成したら、以下の手順で「すべてのコンテンツと設定を消去」を実行して、iPhoneを工場出荷時の状態に初期化して下さい。

「設定」アプリを起動します。

「設定」アプリを起動

「一般」をタップしましょう。

「一般」をタップ

「転送またはiPhoneをリセット」をタップして下さい。

「転送またはiPhoneをリセット」をタップ

「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップします。

「すべてのコンテンツと設定を消去」をタップ

iPhoneから削除される項目を確認したら、「続ける」をタップしましょう。

「続ける」をタップ

iPhoneのパスコードを入力して下さい。

iPhoneのパスコードを入力

Apple IDのパスワードを入力したら、画面右上の「オフにする」をタップします。

Apple IDのパスワードを入力

確認画面が表示されたら「iPhoneを消去」をタップしましょう。

「iPhoneを消去」をタップ

そしたら、リセットが完了するまでしばらく待ちましょう。

iCloudバックアップから復元

iPhoneの初期化が完了したら、iCloudバックアップから復元します。

操作手順

  1. 初期化が完了したら、iPhoneを起動。
  2. 画面の案内に沿って初期設定を進めていく。
  3. 「Appとデータ」の画面が表示されたら、「iCloudバックアップから復元」をタップ。
  4. Apple IDとパスワードを入力してiCloudにサインイン。

参照:Appleサポート

あとは、画面の案内に沿って設定を進め、復元を完了させて下さい。

【iPhone】iTunesでバックアップのパスワードを設定した覚えがない!ソフトを使う

すでに作成した暗号化バックアップからどうしても復元したい場合は、専用ソフトをインストールしてパスワードを解析・解除できるか試してみましょう。

ただ、こういったソフトは海外製のものが多く、何か問題が発生してもAppleのサポートには頼れないので、使用する場合は自己責任でお願いします。

また、パスワードを解除できない場合もあるので、その点を理解した上で使用して下さい。

「iPhone Backup Unlocker」を使う

「iPhone Backup Unlocker」は、iTunesのバックアップ用パスワードやスクリーンタイムパスコードを解析・解除できるソフトです。

「iPhone Backup Unlocker」を使う

ダウンロードやパスワードの解析は無料ですが、解析したパスワードを解除するには公式サイトでライセンスを購入する必要があります。

パスワードの解析・解除する時の手順は以下の通りです。

操作手順

  1. 「iPhone Backup Unlocker」を起動。
  2. 「バックアップの暗号化を解除」をクリック。
  3. iPhoneとPCをケーブルで接続。
  4. iPhoneが認識されたら、「開始」をクリック。
  5. 「暗号化の解除に成功しました!」と表示されたら、「完了」をクリック。

参照:PASSFAB公式サイト

これでリセット完了です。

「PhoneRescue for iOS」を使う

「PhoneRescue for iOS」は、iOS端末のデータを復元・iOSのシステムを修復できるソフトです。

「PhoneRescue for iOS」を使う

バックアップ用パスワードの解析機能も備わっているので、パスワードを忘れてしまっても復元できる可能性があります。

こちらも有料のソフトですが、無料体験版も用意されているので、無料体験版で使い勝手を確認してみてから購入を検討して下さい。

パスワードの解析・解除する時の手順は以下の通りです。

操作手順

  1. 「PhoneRescue for iOS」を起動。
  2. iPhoneとPCをケーブルで接続。
  3. 「バックアップからリカバリー」をクリック。
  4. 「暗号化されたバックアップ」をクリック。
  5. 「パスワードをお忘れの場合」をクリック。
  6. 必要に応じてパスワードの解析設定を変更。
  7. 設定が完了したら、「開始」をクリック。

参照:iMobile公式サイト

解析に成功するとパスワードが表示されるので、それを使ってバックアップから復元できます。

「AnyUnlock」を使う

「AnyUnlock」は、バックアップ用パスワードや画面ロックのパスコードなど、iOS端末のロックを安全に解除できるソフトです。

「AnyUnlock」を使う

こちらのソフトはパスワードの解析なら無料体験版でも行えますが、パスワードの解除にはライセンスの購入が必要になります。

パスワードの解析・解除する時の手順は以下の通りです。

操作手順

  1. 「AnyUnlock」を起動。
  2. 「iTunesバックアップのパスワードを解除」をクリック。
  3. iPhoneとPCをケーブルで接続。
  4. iPhoneが認識されたら、「今すぐ解除」をクリック。
  5. 「バックアップ暗号化は解除されました」と表示されたら、「完成」をクリック。

参照:iMobile公式サイト

これでリセット完了です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。