スマホで見つける、もっと可愛い私

【Apple Watch】徹底比較!自分に合った製品を見つけよう!

【Apple Watch】徹底比較!自分に合った製品を見つけよう!


Apple Watch SEの特徴

Apple Watch SE

Apple Watch Series SEは、2020年9月18日に発売されたスマートウォッチになります。

Apple Watch Series SEの特徴は、以下の通りです。

Apple Watch Series SEの特徴

  • 血中酸素濃度をモニタリングできる
  • S5チップより20%処理速度が向上している
  • 新たなバンド「ソロループ」が選べる
  • カラーはシルバー、スペースグレイ、ゴールドの3色から選べる
  • アルミニウム・ステンレススチール・チタニウムの素材から選べる
  • ファミリー共有設定にも対応していてる

Apple Watch Series SEのステータスは、以下の通りです。

ケース アルミニウムケース
チップ S5 SiP(64ビットデュアルコアプロセッサ搭載)・W3(Appleワイヤレスチップ)
通信方式 LTE、UMTS4(GPS + Cellularモデル)・Wi-Fi・Bluetooth 5.0
電源 最大18時間
サイズ 40mm・44mm

出典:Apple Watch Series SE – 技術仕様

【Apple Watchを比較!】デザイン編

ここでは、Apple Watchのデザインに関して比較しながら解説していきます。

  • 操作性・視認性を決める画面のサイズ
  • 耐久性や軽さを重視した素材・カラー展開
  • 好みで選べるカラーバリエーション

それでは、詳しく見ていきましょう。

操作性・視認性を決める画面のサイズ

画面が大きい方は、操作がしやすく、視認性がよくなります。

画面が小さい方は、重量が軽くなるので、装着感が良く、スポーツをする人に向いています。

Apple Watch Series 7とApple Watch Series 3、Apple Watch SEそれぞれの画面サイズは、以下の通りです。

画面サイズ

  • Apple Watch Series 7:45mm(396×484)・41mm(352×430)
  • Apple Watch Series 3:42mm(312×390)・38mm(272×340)
  • Apple Watch SE:44mm(368×448)・40mm(324×394)

耐久性や軽さを重視した素材

Apple Watchの素材には、アルミニウムとステンレススチール、チタニウムの3種類があります。

それぞれの重量は、以下の通りです。

素材 サイズ41mm サイズ45mm
アルミ 32.0g 38.8g
ステンレス 42.3g 51.5g
チタン 37.0g 45.1g

アルミとステンレスは、ほぼ10gの差があるので軽い時計が欲しい方はアルミがおすすめです。

耐久性を求める場合は、ステンレス製を選んだほうが良いでしょう。

チタニウムは、耐久性が高いのに軽量で錆びにくいことが特徴です。

好みで選べるカラーバリエーション

Apple Watch Series 7とApple Watch Series 3、Apple Watch SEそれぞれのカラーバリエーションは、以下のようになっています。

Apple Watch Series 7

  • アルミニウム:ミッドナイト、スターライト、グリーン、ブルー、Product RED
  • ステンレススチール:グラファイト、シルバー、ゴールド
  • チタニウム:スペースブラック、チタニウム
Apple Watch Series 3

  • アルミニウム:シルバー、スペースグレイ
  • ステンレススチール:なし
  • チタニウム:なし
Apple Watch Series SE

  • アルミニウム:シルバー、スペースグレイ、ゴールド
  • ステンレススチール:なし
  • チタニウム:なし

比較すると、Apple Watch 7のカラーバリエーションが一番豊富です。

ファッションとしても楽しむことができますね。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。