スマホで見つける、もっと可愛い私

Google Chromeが開かない!原因と対処法を徹底解説

Google Chromeが開かない!原因と対処法を徹底解説


Google Chromeのアンインストール・再インストール

Google Chromeブラウザのデータが破損しているかもしれないので、Google Chromeをアンインストールし、その後、再インストールしてみましょう。

「スタート」ボタンをクリックして「Windowsシステムツール」をクリックすると「コントロールパネル」が現れます。そちらをクリックしましょう。

コントロールパネル

「プログラムのアンインストール」をクリックします。

アンインストール

Google Chromeを右クリックすると、「アンインストールと変更」が現れるのでクリックしましょう。

アンインストール

セキュリティソフトの設定の見直し

購入してインストールされているウイルス対策ソフトが干渉していることも考えられます。設定を確認してみましょう。

「設定」から問題のあるアプリを探そう

実はGoogle Chromeには、問題のあるアプリを検索する機能が搭載されています。

それを利用して問題が解決できるかもしれません。ただし、この機能はGoogle Chromeを立ち上げられるユーザーにしか利用できないので注意してください。

Google Chromeを立ち上げ画面右上にある「︙」をクリックします。メニューがプルダウン表示されるので「設定」をクリックしましょう。

設定

右メニューにある「詳細設定」をクリックします。

詳細設定

問題のあるアプリがあれば、「リセットしてクリーンアップ」の下に「互換性のないアプリケーションの更新または削除」が表示されます。

互換性のないアプリケーションの更新または削除

プロキシの無効を行う

インターネット接続する際にネットワークの内部と外部をつなぐために「プロキシ」が利用されますが、これを無効化すれば問題が改善される場合があります。

先ほどの「設定」画面へ戻り、「詳細設定」にある「システム」をクリックしましょう。

システム

「パソコンのプロキシ設定を開く」をクリックしましょう。

パソコンのプロキシ設定を開く

「設定を自動的に検出する」と「プロキシサーバーを使う」をそれぞれ「OFF」に設定しましょう。

無効化

Google Chromeが開かない!Windowsでどうしても直らないときは

ここまで紹介した対処法をすべて試しても改善が見られないようなら、これから紹介する2つの対処法を試してみてください。

セーフモードを使う

問題のあるアプリやソフトを特定するため「セーフモード」でPCを起動させる方法もあります。以下が操作手順です。

  1. 「コントロールパネル」を開き「更新とセキュリティ」をクリック
  2. 「回復」を選択し「今すぐ再起動」をクリック
  3. 「トラブルシューティング」をクリック
  4. 「詳細オプション」をクリック
  5. 「スタートアップ設定」をクリック
  6. 「再起動」をクリック
  7. 「セーフモードを有効にする」をクリック

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。