スマホで見つける、もっと可愛い私

Google Chromeが開かない!原因と対処法を徹底解説

Google Chromeが開かない!原因と対処法を徹底解説


ユーザープロファイルを削除する

Google Chromeの設定はすべて「ユーザープロファイル」で管理されており、ここに問題が起こるとGoogle Chromeが起動しなくなります。

そのため、「ユーザープロファイル」を削除して問題が改善されるか試してみましょう。

ホーム画面下にある検索ボックスに「sysdm.cpl」と入力し、候補一覧に表示される「sysdm.cpl」をクリックしましょう。

sysdm.cpl

「詳細設定」を選択し「ユーザープロファイル」にある「設定」をクリックします。

設定

ユーザープロファイルを選択して「削除」をクリックしましょう。

削除

Google Chromeが開かない!起動せず困ったときは

Google Chromeがまったく起動しない場合にチェックすべき4つの項目を紹介します。

Google Chromeがすでに起動している

まずGoogle Chromeが本当に起動しないのか、それとも起動しているのに気づいていないだけなのかをチェックしましょう。

例えば、タスクバーに点滅しているGoogle Chromeのマークがないか見てみてください。仮にあれば「既にブラウザは開かれているけどユーザーがクリックして開いていない」ということになります。

通常であれば、ここをクリックすると、Google Chromeのブラウザが立ち上がります。

このように、既に起動していないかを確かめましょう。

Google Chromeの管理者の権限を見直そう

Google Workspaceアカウントを使ってGoogle Chromeを使っているのであれば、Google Chrome管理者の権限が原因かもしれません。

改めて権限を見直してみましょう。

ユーザープロファイルの削除を試す

先述しましたが「ユーザープロファイル」に原因があるのかもしれないので、削除してみましょう。

ウイルスや不審なソフトウェアがないかチェックして

何をしても直らないときは、コンピュータウイルスや不審なソフトウェアが原因かもしれません。ウイルス対策ソフトを使ってウイルスをチェックしておきましょう!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。