スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneのプレイリストをiTunesにコピーできない!操作方法を解説

iPhoneのプレイリストをiTunesにコピーできない!操作方法を解説

iTunesでは、ライブラリの曲をプレイリストにまとめて管理ができますが、操作ミスやiTunesの再インストール、PCの故障などで作成したプレイリストが消えてしまうこともあります。

そんな時、以前iTunesと同期したiPhoneにあるプレイリストをiTunesにコピーして復元できれば良いのですが、それは可能なのでしょうか?

今回は、iPhoneのプレイリストをiTunesにコピーする方法について解説していきます!

iPhoneのプレイリストをiTunesにコピーすることはできるの?

iTunesから消えてしまったプレイリストをiPhoneからコピーしたい!という方は多いと思いますが、そもそもiPhoneのプレイリストをコピーすることは可能なのでしょうか?

iPhoneからiTunesにコピーすることはできない

操作ミスやiTunesを再インストールした、PCが壊れたなどの理由で、iTunesのプレイリストが消えてしまうことがあります。

iTunesのプレイリスト

改めてプレイリストを作成するのは面倒ですから、そんな時に以前iTunesと同期したiPhoneの「ミュージック」アプリにあるプレイリストをiTunesにそのままコピーできたら便利ですよね。

しかし、残念ながらiPhoneのプレイリストをiTunesへコピーすることはできません。

サードパーティ製のiTunesの代替ソフトを使えばできますが、iTunesを使う方法では不可能です。

同期はiTunesからiPhoneへのみ可能

そもそもiTunesの同期はiTunesからiPhoneのみ可能で、同期を実行するとiTunesライブラリがiPhoneに上書きされる仕組みになっています。

そのため、iTunesのプレイリストをiPhoneへコピーすることならできますが、逆にiPhoneのプレイリストをiTunesにコピーすることはできません。

その理由としては、曲の著作権が関係しているためです。

もし、iPhoneからiTunesへの転送が可能になってしまったとしたら、友達など他の人のiPhoneを接続して、そこに保存されている曲をiTunesにコピーできるようになってしまいます。

そうなると、自分で曲を購入する必要がなくなるため、著作権者は本来得られるべき利益が得られなくなってしまいます。

Appleは著作権者の権利を守るために、iPhoneからiTunesへ転送できないような仕組みにしていると考えられます。

Appleの有料サービスを使えばできるよ

Appleの有料サービスの「Apple Music」または「iTunes Match」に加入すれば、iPhoneで作成したプレイリストの曲をiTunesでも聴けるようになります。

Appleの有料サービスを使えばできる

「Apple Music」や「iTunes Match」に加入すると、ミュージックライブラリをiCloud上で管理できるようになります。

このミュージックライブラリは、同じApple IDにサインインしているすべてのデバイスとインターネット経由で共有できます。

iPhoneからiTunesへプレイリストをコピーするというわけではありませんが、iPhoneとiTunesで同じApple IDにサインインして、インターネットに接続することで同じプレイリストにアクセスできるようになります。

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。