スマホで見つける、もっと可愛い私

長時間使える♪ バッテリー大容量のスマホを比較!おすすめの10選!

長時間使える♪ バッテリー大容量のスマホを比較!おすすめの10選!

Contents[OPEN]


試しやすい低価格

日本の有名メーカーSHARPのAQUOSシリーズのスマホにもかかわらず、何と本体価格28,900円(税抜き)のリーズナブルな価格設定です。

そのため、生体認証システムには対応していなかったり、3Dゲームや重いアプリを多用する人には不向きですが、普段使いには十分なスペックがあります。

省エネ技術で電池長持ち

SHARP AQUOS L2のバッテリーの容量は2,700mAhと通常のスマホと変わらないものの、消費電力を抑えられるIGZO液晶を使用するなどといったトップクラスのSHARP省エネ技術により、連続待ち受け時間は最大約950時間(約39日)で、さらに連続通話は1,440分(24時間)とバッテリーを長持ちさせることが可能になっています。

日本のメーカーの、シンプルでコンパクトな省エネスマホがほしい、という皆さんにおすすめします。

バッテリー容量/本体重量 2,700mAh / 138グラム
ディスプレイサイズ 5.0インチ
メインカメラのスペック 1,310万画素
連続通話時間 24時間

 

【バッテリー大容量スマホを比較】⑨UMIDIGI F1 Play

UMIDIGI F1 Playは、中華格安スマホの中でも特に人気の高い機種で、格安スマホランキングでも上位にランクインしています。

⑨UMIDIGI F1 Play

  1. ①スマホの中でも高性能のカメラ
  2. ②顔認証・指紋認証を搭載
  3. ③大容量バッテリーでもスマホ重量は193グラム

①スマホの中でも高性能のカメラ

UMIDIGI F1 Playには4,800万画素という高性能カメラが搭載されているため、暗所での撮影も得意です。それでいて250ドル(日本円で26000円程度)というリーズナブルな価格設定は、まさにお値段以上の価値あるスマホといえるでしょう。

②顔認証・指紋認証システムを搭載

スマホ端末のフロント面に【顔認証センサー】、バック面には【指紋認証センサー】が付いています。両方使用することでスマホ端末のセキュリティをより高めることができるため、安心してスマホを使用することができます。

③大容量バッテリーでもスマホ重量は193グラム

6.8インチの画面に5,150mAhの高速充電可能な大容量バッテリーを搭載していますが、UMIDIGI F1 Playの本体重量は193グラムと、何と200グラムを切っています。

持ち運びやすいサイズと、格安スマホと思えないスタイリッシュなデザインからは、UMIDIGI F1 Playの高いコストパフォーマンスと人気の高さがうかがえます。

人気が高く、性能のバランスがとれた格安スマホがほしいという方におすすめします。

バッテリー容量/本体重量 5,150mAh / 193グラム
ディスプレイサイズ 6.3インチ
メインカメラのスペック 4,800万画素
連続通話時間 30時間

  

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。