スマホで見つける、もっと可愛い私

【Google Map】ストリートビューのモザイク画像について解説

【Google Map】ストリートビューのモザイク画像について解説

地図上で実際の街並みを見られるGoogle Mapの「ストリートビュー」では、たまたま映り込んだ人の顔や車のナンバープレートにモザイクがかかるようになっています。

このモザイク、実は、自分が所有する写真であれば自由にかけることができるんです。

今回は、自分でモザイクをかける方法やストリートビューでモザイクを依頼・削除したい場合の方法などをご紹介していきます。

【Google Map】ストリートビューにモザイクがある

「Google Map」アプリで目的地周辺を確認するのに便利なのが「ストリートビュー」機能です。

そんなストリートビュー機能で撮影された写真を360度グルリと回すと、人の顔などにモザイク加工が施されていることがあります。

どうしてモザイク加工を施した写真が「Google Map」に投稿されているのか、まずは、その理由を見ていきましょう。

モザイクがかけられている理由

写真の投稿者がモザイク処理を施す理由は、他人のプライバシーを侵害しないためです。また、閲覧者に見られることが適切でないとモザイク処理が施される場合もあります。

削除できる!スマホならぼかしも可能《自分の写真》

実は誰でも「Google Map」へ写真を投稿できることはご存じですか?

また、写真を投稿する際にはプライバシーに関わるものにモザイクをかけられます。

モザイク「ストリートビュー」アプリから行います。投稿した写真は「Google Map」アプリや「ストリートビュー」アプリから削除できますよ。

依頼すればモザイク処理・削除してもらえる《他者の写真》

モザイクが施されているとはいえ、明らかに自分だと分かるような加工処理だったり、自宅などの個人情報が第三者に分かるようなモザイクのかけかただったりする写真を見つけた場合は、投稿者へモザイク処理を強くかけるように依頼できます。

また、モザイクを削除するように依頼することもできます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。