スマホで見つける、もっと可愛い私

Google Meetの通信量は?テレワークを快適にする節約方法も紹介

Google Meetの通信量は?テレワークを快適にする節約方法も紹介

リモートからでも会議やミーティングに出席できる便利なビデオ会議サービスが現在たくさんありますが、皆さんはなんのサービスを利用しているでしょうか。

この記事では、Google Meetについて紹介します。

ZoomやSkypeなどを利用している人が多いですが、Google Meetもおすすめのサービスなんです。

でもやっぱり、気になるのは通信量ですよね。

そこで今回は、Google Meetの通信量を詳しく解説します。

Google Meetにかかる通信量とは?基本知識からおさらい

皆さんはGoogle Meetについて聞いたことがありますか?

Google Meetは、ビジネスの世界でよく利用されるサービスなんですよ。

もちろん、プライベートで利用することもできます。

この記事では他の類似したサービスと比較して、Google Meetの通信量がどれほど違うのか、また通信量を抑えるためにどんなことができるかを紹介していきます。

まずは、Google Meetがどんなサービスなのかをおさらいしていきましょう!

Google MeetはZoomのようなミーティングアプリ

Google Meetは、Google社がビジネス向けに開発したビデオ会議ツールである「G Suite」の後継で、リモートで会議やミーティングが行えるビデオ会議サービスのアプリです。

ZoomやSkypeと同じようなサービスですね。

Google Meetが開発された背景がビジネス向けサービスなので、Google Meetについて知っている人は、まだ限られています。

ですが、社内機密が外部に漏れないようにするために最大限の配慮が払われているため、Google MeetはZoomやSkypeよりもセキュリティ性能が高いと言われているんです。

ビデオ通話はデータ量を消費するよ

Google MeetはGoogleが提供するサービスなので、Google アカウントを持っていれば誰でも無料で利用できます。

セキュリティ性能が高く無料で利用できれば問題は何もないように思えますが、Google Meetの唯一のデメリットは多くのデータ通信量を消費することです。

Google Meetにかかる通信量はどのくらい?

Google Meetの通話方法には、音声通話とビデオ通話の2つがあります。

音声通話とビデオ通話とでは消費する通信量に大きな違いがあるんです。

使用時間が長くあればなるほど、消費する通信量に大きな開きが出てきます。

ここからは、Google Meetの音声通話とビデオ通話で消費される通信量を比較してどれほどの違いがあるかを紹介していきます。

音声通話とビデオ通話のデータ通信量の違い

音声通話とビデオ通話で消費される通信量にどれほどの違いがあるかを比較するため、通信量が1GBに到達するまでにどれほどの時間がかかるかを以下にまとめるので参考にしてみてください。

音声通話(1GBまでにかかる時間) 30時間
ビデオ通話(1GBまでにかかる時間 1時間40分

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。