スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneでスワイプ・スライドができない!原因と対処法を紹介

iPhoneでスワイプ・スライドができない!原因と対処法を紹介

iPhoneなどのスマホは、スワイプ・スライドなどを指で操作しないといけないため、タッチパネルが機能しなくなったら大変です。

この記事では、スワイプやスライドといったiPhoneの基本操作ができない時の原因や対処法を解説するので、お困りの方はぜひチェックしてみてくださいね。

Contents[OPEN]

【iPhone】スワイプ・スライドができない!どうして?

スワイプやスライドといったiPhoneの操作に欠かせない指の動きを、タッチパネルが感知できなくなってしまったら大問題です。

まずは、iPhoneがタッチパネル上の指の動きを感知できなくなった時に考えられる原因を2つ紹介します。

スマホの画面に問題があるのかも

考えられる最初の原因は、iPhoneの画面に問題があることです。

故障の場合もあれば、iPhoneの特定の機能がタッチパネルの操作を妨害している場合もあります。

または、iPhoneのアクセサリーが、iPhoneのタッチパネルに干渉していて指が感知されない場合もあります。

スマホ本体がフリーズしている場合もあるよ

考えられるもう1つの原因は、iPhoneがフリーズしていることです。

フリーズとは、何らかの原因によってiPhoneがまったく応答しなくなってしまう状況です。

iPhoneは、フリーズすると画面が突然暗くなり、再起動をしたときに現れるマークが画面の中央に表示されます。

画面を触ってもまったく反応しなくなるため、iPhoneの通常操作がまったく行えなくなります。

直らないときは対処法を試そう!

iPhoneのタッチパネルが反応せず、まったく操作できない状態になってしまったら、これから紹介する対処法をぜひ試してみてください!

ご紹介する対処法は全部で4つです。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。