スマホで見つける、もっと可愛い私

【Chrome】「データ侵害で漏洩」の意味は?表示を消す方法も紹介

【Chrome】「データ侵害で漏洩」の意味は?表示を消す方法も紹介

【Chrome】「データ侵害で漏洩」の警告!どんな危険があるの?

ここからは、このポップアップが出た時の危険性について説明します。

前述のように、直ちにハッキングされたものではないので、焦らず理解することから始めましょう!

ここでは、3つのポイントをピックアップしました。

「不正使用されたパスワード」

他の人があなたのパスワードを使ってログインした場合にも、このポップアップが出てきます。

ただし、自身の別端末からログインした場合も「不正使用」と認識されることがあるので、念のため、アクセス履歴も確認しておくことがおすすめです。

最近でなくても、過去に一度でも怪しいアクセスがあった場合には、Googleのセキュリティシステムによりポップアップで警告されます。

被害の有無にかかわらず、リスクの高い状態であれば表示されるので、可能な限り変更することをおすすめします。

「再利用されているパスワード」

色々なサイトで使われているパスワードだと、危険性が高いとしてポップアップが表示されます。

同じパスワードを複数のサイトで使えば、覚えやすいので便利ですが不正アクセスする側から見れば推測されやすいのがデメリットです。

簡単に覚えられても、リスクが高まってしまってはセキュリティの意味がありません。

Chromeでこの表示があった場合は、できれば変更しましょう。

「脆弱なパスワード」

誰にでも想像しやすい「脆弱なパスワード」でも、このポップアップが表示されます。

例えば、「1234」や「abcd」などの簡単なパスワードだと出てきやすくなります。

自分でしか覚えていられないような特別な文字列を使うのがベストです。

この警告が出てきた時は、昔登録したことがあるサイトなどを一通り振り返り、設定してある文字列が推測されやすいものかどうかを再度確かめてみてください!

【Chrome】「データ侵害で漏洩」の警告!リスクを回避する方法は?

Chromeに表示される警告ポップアップの意味とリスクが理解できたら、リスクを回避させる方法もチェックしましょう!

ここからは、できるだけリスクを回避できる手順や操作について解説していきます。

アラート内の「パスワードを確認」ボタンを押す

回避方法としての最初のステップは、ボタンからすぐに確認することです。

表示ポップアップに設置されている「パスワードを確認」と書かれたボタンをクリックしてみてください。

そうすると、詳しいリスクを把握できるページに移動できます。

G-パスワードを確認

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。