スマホで見つける、もっと可愛い私

【Chrome】「データ侵害で漏洩」の意味は?表示を消す方法も紹介

【Chrome】「データ侵害で漏洩」の意味は?表示を消す方法も紹介

Googleアカウントへのログイン

「パスワードを確認」ボタンをクリックすると、すぐにGoogleアカウントの設定に切り替わります。警告が表示されているIDとパスワードでログインしてください。

G-ログイン

危険なパスワードを確認しよう

次に、リスクに晒されているパスワードがどれなのかを把握しましょう。

警告のきっかけになったパスワードの件数などが表示されます。

危険だと認定された件数が多ければ多いほどサイトの数が増えるので、パスワード更新の作業が多くなります。

この画面では、「不正使用」「再利用」そして「脆弱」の3つのカテゴリ別に件数が表示されます。

ここで、出てきた警告がどのような意味合いで表示されたのかをチェックしておきましょう。

G-危険件数

それぞれのパスワードを変更しよう

確認できたら、該当するパスワードを更新しましょう。

「パスワードを変更」と書かれたボタンがあるので、クリックしてアクセスしましょう。

ここからはサイト別の作業です。全てのサイトで設定方法が異なるので、1つずつ確認しながら着変更してくださいね。

G-パス変更

ただし、直接的にアクセスできないものもあります。その場合は、ダイアログが表示され、自分でアクセスして変更するように促されます。

「パスワードを変更」を押しても移動できないときは自分でサイトなどに行って変更しましょう。

Chromeに保存されているパスワードを消去しよう

更新が終わったら、最後にやることがあります。

それは、Chromeに保存されているパスワードを消すことです。

そのままでも大きな問題はありませんが、パスワード変更後も引き続き警告が出てしまうことになるので削除すると良いでしょう。

G-パス削除

リスクのあるパスワードが全て変更されると、Chromeにポップアップが出ることがなくなります。

「データ侵害で漏洩」の警告!まちがえやすい点をチェック!

ここからは、Chromeにポップアップが出た時に、ユーザーが勘違いしてしまいがちなポイントについて解説します。

この警告が本当にChromeから表示されているものなのか悩んだ時は、ぜひ以下の3点をチェックしてください!

怪しい警告ではない

「データ侵害で漏洩」のポップアップは決して怪しい警告ではありません。

表示のされ方で詐欺警告と勘違いしてしまう方もいますが、違うので気を付けましょう。

本当に怪しい警告か見極めよう!

とはいっても、実は詐欺警告だった場合は嫌ですよね。

実は、正しいものかどうかを見極めるポイントがあります。

詐欺警告の場合、大きなブザー音が鳴るケースがあります。

また、閉じるボタンを押しても警告がさらに表示され、画面移動できないという特徴もあります。

加えて、表記にある日本語が少しおかしかったり、不審な電話番号が記載されているケースが多いです。

Chromeの警告では、ユーザーに電話させたり、アプリをインストールさせたりすることはないので、この点を詐欺警告との見極めポイントにしてください!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。