スマホで見つける、もっと可愛い私

WAONアプリがiPhoneのApple Payに対応!カードの新規発行や移行方法を解説

WAONアプリがiPhoneのApple Payに対応!カードの新規発行や移行方法を解説

イオンが発行している電子マネーの「WAON」。

これまでiPhoneのApple PayではWAONが利用できませんでしたが、2021年から対応が始まったことにより、WAONをApple Payで利用できるようになりました。

Apple PayにWAONを追加することで、iPhoneを用いたタッチ決済やチャージが行えるようになり、大変便利です。

今回は、iPhoneのApple PayでWAONを使う方法について解説していきます!

Contents[OPEN]


【WAONアプリ】iPhoneユーザーに朗報!Apple Payに対応スタート

ついにイオンの電子マネーWAONがApple Payに対応しましたが、まずはApple PayでWAONを利用する際に知っておきたいことを詳しく見ていきましょう。

Apple PayにWAONを追加できるようになった

Apple Payとは、Walletアプリに追加したクレジットカードや交通系ICカードを使って決済できるサービスです。

イオンが発行する電子マネーの「WAON」は、これまでApple Payに対応していませんでしたが、2021年10月21日からWAONをApple Payに追加できるようになりました。

Apple PayにWAONを追加できるようになった

手持ちのWAONカードを「WAONアプリ」または「Walletアプリ」へ追加するか、WAONを新規発行することでApple PayでWAONを利用できるようになります。

ただし、iPhoneのApple PayにWAONを追加するには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • iPhone 8以降の機種であること
  • iOS 15以降がインストールされていること

iPhone 7s以前の機種、iOS 14以前を搭載したiPhoneでは、Apple PayでWAONを利用できないため注意して下さい。

Apple Payでなにができるの?

Apple PayにWAONを追加すれば、WAONカードの代わりにiPhoneやApple Watchを決済端末にかざして支払いできるようになります。

イオンやミニストップなど、全国に86万か所以上あるWAON加盟店でのお買い物に利用できます。

また、Walletアプリで設定したクレジットカードやデビットカードを使ったチャージも可能なので、チャージ機に並ぶことなくいつでもどこでもiPhoneでチャージできます。

WAONステーションの機能がアプリで使える!

Apple PayにWAONを追加すれば、「WAONステーション」の機能をWAONアプリで利用できます。

WAONステーションとは、イオンなどに設置されているWAONの専用端末のことで、WAONを端末の読み取り部分にかざして以下の機能を利用できます。

  • 残高・利用履歴の確認
  • WAONポイントから残高へのチャージ
  • WAONポイント・マイナポイント・消費者還元WAONの受け取り
  • クレジットチャージ・オートチャージの設定
  • 各種設定・変更手続き

これらの機能をiPhoneひとつでいつでもどこでも利用できるので、より快適にWAONが使えるようになっています。

WAONの新規発行もできる!

Apple PayにWAONが対応してからは、手持ちのWAONカードを取り込めるだけでなく、iPhoneからWAONを新規発行できるようになりました。

これまでは、イオンやミニストップなどの加盟店でWAONカードを購入する必要がありましたが、これからはWalletアプリやWAONアプリで簡単に発行できるようになったため、気軽にWAONの利用を始められます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。