スマホで見つける、もっと可愛い私

iPadでGoogle Chromeを使う♡基本の使い方と便利な機能を解説

iPadでGoogle Chromeを使う♡基本の使い方と便利な機能を解説

iPadでインターネット上のWebサイトを閲覧する時に使うブラウザといえば「Safari」ですが、実はiPadでもGoogle Chromeを利用できます!

「PCでGoogle Chromeを使っているからiPadでも使いたい」「Safariだと使いにくい」と思っている人は、ぜひiPadでGoogle Chromeを使ってみてはいかがでしょうか?

今回は、iPadでGoogle Chromeを使う方法や便利な機能について解説していきます!

iPadでGoogle Chromeを使いたい!

Google ChromeはPCやAndroidだけでなく、iPadなどのiOSデバイスでも使うことができます。

まずは、iPadでGoogle Chromeを使うための基本事項を確認していきましょう。

「Google Chrome」とは?

「Google Chrome」とはGoogleが提供している無料のWebブラウザで、世界で最も多くの人に利用されています。

Google Chrome

スマホやタブレット、PCなど様々なデバイス・OSに対応しており、iPhoneやiPadなどのAppleデバイスでも利用可能です。

デザインがシンプルで直感的に操作できますし、動作も軽いので快適にインターネットを利用できます。

Google アカウントでログインすれば、YouTubeやGoogle マップなどのGoogleのサービスに自動ログインできるので便利ですし、ブックマークや閲覧履歴、設定などのデータを他のデバイスと同期して共有することも可能です。

iPadでGoogle Chromeが使える条件は?

iPadでGoogle Chromeを使うには、App StoreからGoogle Chromeのアプリをインストールする必要があります。

このGoogle Chromeの最新バージョンのアプリは、iPad OS 14.0以降が搭載されているiPadでないとインストールできません。

iPad OS 14.0以降にアップデートできるiPadのモデルは以下の通りです。

  • iPad(第5世代以降)
  • iPad Pro 12.9インチ(第1世代以降)
  • iPad Pro 11インチ(第1世代以降)
  • iPad Pro 10.5インチ
  • iPad Pro 9.7インチ
  • iPad Air(第2世代以降)
  • iPad mini(第4世代以降)

これよりも古いモデルのiPadには、最新バージョンのGoogle Chromeをインストールできません。

Google Chromeをインストールする方法

iPadでGoogle Chromeを使うには、App Storeで配信されているGoogle Chromeのアプリをインストールする必要があります。

Google Chromeのアプリをインストール

アプリのインストール手順は以下の通りです。

操作手順

  1. 「App Store」アプリを起動。
  2. 画面右下の「検索」をタップ。
  3. 検索バーに「Google Chrome」と入力して検索。
  4. 検索結果に表示された「Google Chrome」の「インストール」をタップ。
  5. Face ID・Touch ID・パスコードで認証。

ホーム画面にGoogle Chromeのアイコンが表示されたらインストール完了です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。