スマホで見つける、もっと可愛い私

iPadでGoogle Chromeを使う♡基本の使い方と便利な機能を解説

iPadでGoogle Chromeを使う♡基本の使い方と便利な機能を解説


iPadでGoogle Chromeを使う♡《知っていると便利な機能》

ここからは、知っていると便利なGoogle Chromeの機能をいくつかご紹介いたします。

シークレットモードを使う

Google Chromeでは、「シークレットモード」に切り替えることで閲覧履歴や検索履歴、入力したユーザーIDやパスワードを保存せずにWebサイトを閲覧することができます。

シークレットモード

iPadを家族と共有して使っている場合や、SNSや通販サイトなどでログイン状態を保持したくない場合に便利な機能です。

シークレットモードを有効にするには、まず「Chrome」アプリを起動して画面右上の「…」をタップします。

「…」をタップ

「新しいシークレットタブ」をタップしましょう。

「新しいシークレットタブ」をタップ

これでシークレットモードが有効になります。

シークレットモード

通常のモードに切り替えたい場合はタブの一覧画面を開いて、画面上部の真ん中のアイコンをタップします。

真ん中のアイコンをタップ

あとは開きたいタブをタップすれば、通常モードに切り替えることができます。

通常モードに切り替え

スプリットビューを使う

「スプリットビュー」とは、iPadの画面を分割して2つのアプリを同時に表示・操作できる機能のことです。

スプリットビュー

この機能を活用すれば、Google Chromeの画面を閉じなくても別のアプリを開けるので、作業がより効率的にできますよ。

スプリットビューを使うには、まず「Chrome」アプリを起動して画面上部にある「…」をタップします。

「…」をタップ

スプリットビューボタン(真ん中のボタン)をタップしましょう。

スプリットビューボタン(真ん中のボタン)をタップ

画面が分割されたら、2つ目のアプリを起動して下さい。

2つ目のアプリを起動

これで、2つのアプリを同時に表示・操作できるようになりました。

2つのアプリを同時に表示・操作

Google アカウントを使用しての同期

Google ChromeでGoogle アカウントにログインすれば、Google Chromeに保存されている以下のデータを同期することができます。

  • ブックマーク
  • 閲覧履歴
  • 開いているタブ
  • パスワード
  • 支払い情報
  • 住所・電話番号など
  • 設定

参照:Google Chromeヘルプ

デバイスを複数持っている場合は、各デバイスで同期をオンにすることでGoogle Chromeのデータを複数のデバイスで共有できます。

Google ChromeでGoogle アカウントにログイン・同期をオンにする方法を詳しく見ていきましょう。

操作手順

  1. 「Chrome」アプリを起動。
  2. 画面右上の「…」をタップ。
  3. 「設定」をタップ。
  4. 設定画面を開いたら、「同期をオンにする」をタップ。
  5. 「アカウントを追加」をタップ。
  6. Google Chromeで使用したいGoogle アカウントにログイン。
  7. ログインが完了したら、「有効にする」をタップ。

これで、同じGoogle アカウントでログインしているデバイスとデータが同期されます。

ちなみに、同期するデータは個別に選択できます。

設定画面で「同期」をタップして、「すべて同期」のスイッチをオフにし、同期したいデータのみスイッチをオンにすればOKです。

同期したいデータのみスイッチをオン

同期をやめたい場合は「ログアウトして同期をオフにする」をタップしてください。

「ログアウトして同期をオフにする」をタップ

iPadでGoogle Chromeを使う♪《既定のブラウザにする方法》

「既定のブラウザ」とは、Webサイトを開く時に優先的に起動するように設定されているブラウザのことです。

iPadでは、Apple純正のブラウザ「Safari」が既定のブラウザとして設定されていますが、SafariからGoogle Chromeに変更することができます。

ここでは、Google Chromeを既定のブラウザに設定するための条件や設定方法について解説していきます。

iPadOS 14 以降なら設定できるよ!

iPadの既定のブラウザをSafariからGoogle Chromeに変更するには、iPadOS 14以降へのアップデートが必要になります。

iPadOS 14以降にアップデートできるiPadは以下の通りです。

  • iPad(第5世代以降)
  • iPad Pro 12.9インチ(第1世代以降)
  • iPad Pro 11インチ(第1世代以降)
  • iPad Pro 10.5インチ
  • iPad Pro 9.7インチ
  • iPad Air(第2世代以降)
  • iPad mini(第4世代以降)

上記以外のiPadではiPadOS 14以降にアップデートできないため、既定のブラウザを変更できません。

iPadOS 14にアップデートできる機種でまだiPadOS 13未満を使用している場合は、以下の手順で最新バージョンのiPadOSにアップデートして下さい。

操作手順

  1. 「設定」アプリを起動。
  2. 「一般」をタップ。
  3. 「ソフトウェア・アップデート」をタップ。
  4. 「ダウンロードとインストール」または「今すぐインストール」をタップ。
  5. iPadのパスコードを入力。

参照:Appleサポート

すると、アップデートファイルがインストールされた後にアップデートが始まるので、完了するまでiPadを電源に接続したまましばらく待ちます。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。