スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneのFace IDに顔を追加登録しよう!設定・無効・削除する方法も解説

iPhoneのFace IDに顔を追加登録しよう!設定・無効・削除する方法も解説

iPhoneをバーコード決済の端末として使っていたり、営業職で多くの顧客の連絡先を保存したりしている人は多いでしょう。

大切な情報が詰まっているiPhoneを紛失したり盗まれたりした場合、その被害は計り知れません。

このようなトラブルを防ぐためにできる基本的な対策が「画面のロック」です。

大多数のスマートフォンの「画面のロック」は指紋認証(Touch ID)と顔認証(Face ID)に分かれており、iPhoneにも搭載されている機能です。

そこで今回は、顔認証に使うFace IDで顔を登録・追加・削除などをする方法を解説していきます。

Face IDで顔を追加したい!基本をおさらい♡

スマートフォンには画面や決済機能をロックする機能が備わっており、本人であることを証明できるとその機能を使うことができます。

iPhoneに搭載されているFace IDは、このロックを解除する機能の名前です。

「Face ID」とは?

Face IDは一般的には顔認証と呼ばれています。

iPhoneで採用されている顔認証機能の名称が、Face IDです。

画面ロックされているiPhoneを使いたい場合、以下のいずれかの方法でスリープ解除をしたのち、解除操作(指を下から上に向かってスワイプする)を行います。

なお、②と③は「設定」アプリで設定変更が必要で、設定の状態によっては使えない人もいます。

①は標準の設定で使えるので、まずこれから試してみると良いでしょう。

Face IDを使う方法

  1. 電源ボタンを押してFace IDで認証
  2. 画面をダブルタップしてFace IDで認証
  3. iPhone本体を手前に傾けてFace IDで認証

Face IDが使える機種はこれ!

Face IDはiPhoneで使える顔認証機能ですが、すべてのiPhoneで使えるわけではありません。

ここでは、Face IDが使えるiPhoneについて説明します。

ここに挙げているiPhoneはFace IDが使えます。

ストレージの容量は関係ありません。

Face IDが使えるiPhone

  • iPhone 13 Pro Max
  • iPhone 13 Pro
  • iPhone 13 mini
  • iPhone 13
  • iPhone 12 Pro Max
  • iPhone 12 Pro
  • iPhone 12 mini
  • iPhone 12
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11
  • iPhone XS Max
  • iPhone XS
  • iPhone XR
  • iPhone X

出典:Face ID に対応している iPhone と iPad のモデル

Face IDの利用にはパスコードの設定が必要だよ

Face IDを利用する場合、iPhoneのロック機能をオンにする必要があります。

その際、絶対に必要になるのがパスコードの設定です。

Face IDで上手く認証ができなかったときのためにパスコードでiPhoneを開く必要があるので、設定しておくことが必須です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。