スマホで見つける、もっと可愛い私

Amazonのアカウント乗っ取り被害を最小限に!対処方法を解説

Amazonのアカウント乗っ取り被害を最小限に!対処方法を解説

Amazonは、ネットショッピングの中でも最も活用されているサービスの1つです。

みなさんも何度か使ったことがあると思いますが、まれにアカウント乗っ取りなどのトラブルが起きることがあります。

知らないうちに自分の情報が盗まれてしまうため、注意が必要です。

そこで今回は、Amazonで乗っ取り被害に遭わないようにするために、ユーザー自身でできる対処方法を解説します!

乗っ取られる原因についてもあわせてチェックしましょう。

【Amazon】アカウントの乗っ取り被害にあうとどうなるの?

まずは、被害について詳しく見ていきましょう。

Amazonでアカウントが乗っ取られてしまうとどうなってしまうのか解説します。

さまざまな被害が考えられますが、よくある被害は以下の3パターンです。

今自分のアカウントで問題が発生していないか再確認してください。

クレジットカードの不正利用

1つ目の被害は、クレジットカードの不正利用です。

Amazonでは、事前に支払い情報として、クレジットカードやデビットカードをアカウントに登録できます。

毎回カードの記載番号を入力する必要がないので便利ですが、悪用されると勝手に決済されてしまうかもしれません。

もし勝手にカードが使われると、身に覚えのない請求が届きます。

特にデビットカードについては、銀行口座から即引き落としになるので注意が必要です。

こうなると、カード会社への問い合わせや利用停止、不正利用申請などかなり面倒な作業が増えてしまいます。

アカウントを商品詐欺に使われる

2つ目の被害は、自分のアカウントが商品詐欺に使われてしまうことです。

Amazonには個人単位で販売できる「マーケットプレイス」と呼ばれる販売形式があります。

乗っ取ったアカウントで詐欺商品を販売されれば、被害者名義で商品が売られてしまいますね。

つまり、詐欺的な商品を売られた場合クレームなどが被害者に対して届くことになります。

特に悪質なケースなので、なんとしても防ぎたいトラブルです。

もちろん被害者の住所もマーケットプレイスでの「販売者情報」として使われてしまいます。

自分のアカウントにログインできなくなるよ

3つ目の被害は、自分のアカウントにログインできなくなることです。

被害者が乗っ取りに気付き、パスワードなどを変える前に犯人が自分でパスワードを改変してしまうことがあります。

ログインできなくなると、当然クレジットカードや住所が消せません。

そのまま盗まれたアカウントで買い物されれば、請求先が被害者なので、かなりの金額が使われてしまう可能性も考えられます。

ただしこれはアカウントでしっかりとした対策を設定すれば高確率で防げます。

詳しくは後程対策の部分で解説します!

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。