スマホで見つける、もっと可愛い私

Google 翻訳のカメラが使えない原因は?基本の使い方と対処法

Google 翻訳のカメラが使えない原因は?基本の使い方と対処法

「Google翻訳アプリで、カメラ機能がなぜか使えない…」と困ったことはありませんか?

早く目の前にある言語の意味が知りたいのに、ずっと使えないままだとモヤモヤしますよね。

今回は、Google翻訳アプリのカメラ機能が使えないときの対処法を紹介します。対処法を一つずつ試しながら、一緒に解決しましょう。

【Google 翻訳】カメラが使えないときはまず基本をおさらい!

まずは、Google翻訳の基本として以下の内容を紹介します。

  • Google 翻訳とは?
  • Google 翻訳の利用要件
  • リアルタイム(カメラ)翻訳のやり方
  • オフラインではスキャン・インポートモードは使えないよ

それでは、詳しく見ていきましょう。

Google 翻訳とは?

Google翻訳は、Googleが提供している翻訳サービスです。

アプリ版では、カメラ機能を使って英語を認識できるので、英語が書かれている本・看板・Tシャツなどにかざし、日本語に翻訳することができます。

日本語で意味を教えてくれるのはもちろん、発音も教えてくれる便利なサービスです。

Google 翻訳の利用要件

Google翻訳アプリをするには、以下のOSバージョンにアップデートしておく必要があります。

iPhone iOS 12.4以上
Android デバイスによって異なります。

リアルタイム(カメラ)翻訳のやり方

カメラ機能を使って翻訳するには、まず「Google翻訳」アプリを開き、「カメラ入力」をタップします。

カメラ入力

カメラの画面が開くので、あとは翻訳したい場所にかざすだけです。かざした場所に翻訳後の文章が浮かび上がります。

オフラインではスキャン・インポートモードは使えないよ

オフラインでは、スキャン・インポートモード(スマホの入っている写真の読み込み)を利用できません。

Google翻訳アプリでカメラ機能を利用するときは、オンラインの状態にしておきましょう。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。