スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple Watchの「探す」機能で位置情報の確認・音を鳴らすやり方を解説!

Apple Watchの「探す」機能で位置情報の確認・音を鳴らすやり方を解説!

Apple Watchには様々な機能が搭載され、とても便利ですよね。

Apple Watchを使用している方で、「Apple Watchを何処かに置き忘れた」といった経験はありませんか?

そこで、Apple Watchが突然無くなってしまっても焦らないように、Apple Watchの位置情報を確認する方法を解説します。

Contents[OPEN]


【Apple Watch】紛失時は「探す」アプリを活用しよう

POINT

  • 「探す」アプリとは?
  • アクティベーションロックをオンにしておこう

もしApple Watchを紛失してしまった際は、慌てずに「探す」アプリを活用してみましょう。

それを踏まえて、Apple Watchの位置確認方法を解説していきます。

「探す」アプリとは?

「探す」アプリ

「探す」アプリとは、上記画面を見ればわかる通り、レーダーみたいなアイコンのことです。

「探す」アプリでは人を探すことができたり、Apple WatchやiPadなどの位置情報を確認ができたりする、様々な機能が搭載されたアプリとなっています。

アクティベーションロックをオンにしておこう

アクティベーションロックとは、簡単に言うと、アクティベーションロックをオンにすることでそのiPhone所有者以外の人が自由にアクセスできないようにする、という仕組みになります。

つまり、iPhoneのデータ削除や初期化などの操作を、本人しかできないようにするための機能です。

iPhoneを売る際、データ削除や初期化の必要があるのはご存知でしょうか?

これはiPhoneを盗まれて、勝手に売られない為の予防対策とされています。

アクティベーションロックをオンにするやり方

ここでは、アクティベーションロックをオンにする操作方法をご紹介します。

上記画像のように設定をタップします。

設定画面

設定アプリを起動したら、自分の名前をタップします。

設定画面名前

自分の名前をタップしたら中間にある「探す」をタップします。

探すタップ画面

一番上にある「iPhoneを探す」をタップします。

iPhoneを探す画面

タップしたら「iPhoneを探す」をオンにします。

iPhoneを探すをオン画面

オンにすることでアクティベーションロックをオンにできました。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。