スマホで見つける、もっと可愛い私

ローカルネットワークにアクセス権を許可するとどうなる?やり方も解説

ローカルネットワークにアクセス権を許可するとどうなる?やり方も解説

iPhoneでiOS14を利用していると、ローカルネットワークにアクセス権を許可することを促すメッセージが表示されることがあります。しかし意味が分からず、なんとなくそのままにしていませんか?

「アクセス権を許可すると何か不安」という人も少なくありません。アクセス権といわれると、少し怖い気もしますよね。

そこで今回は、「ローカルネットワークにアクセス権を許可するとはどういうことか?」を解説します。

一緒にチェックして、漠然とした不安を解消しましょう!

「ローカルネットワークにアクセス権を許可する」とは?

「ローカルネットワークにアクセス権を許可する」は、動画アプリやロボット掃除機などを利用している場合に表示されることがあります。

そもそもどのような意味なのかを詳しくまとめてみました。どのようなメッセージかが分かれば、安心できますよね。

ローカルネットワークとは

ローカルネットワークとは、自宅で使っているWi-FiやLANをはじめとするネットワークのことです。お使いのネットワークは、以下の手順で確認できます。

  1. 「設定」アプリをタップしてください。
  2. 「Wi-Fi」から確認できます。

設定

自宅以外の場所で「ローカルネットワークにアクセス権を許可する」と表示されても、許可しない方が良いでしょう。自宅以外で接続しても上手く使いこなせなかったり、情報が流出したりする可能性があります。

アクセス権とは

アクセス権とは、同じWi-Fiを使っている他のデバイスとの接続や検索する権限のことです。手続きしておけば、家のテレビやロボットとiPhoneを接続できるようになります。

例えばChromecastを利用している場合、事前に手続きをして許可をしておけば、iPhoneで見ていたYouTube動画をテレビの大画面へ出力することも可能です。

アクセス権を上手く使えば、生活がより快適になります。アクセス権を不用意に怖がることなく、どのような内容かよく確認すると不安に感じることも少なくなるでしょう。

ローカルネットワークにアクセス権を許可するメリット・デメリット

ローカルネットワークにアクセス権を許可することは、メリットとデメリットがあります。iPhoneのアクセス権を許可するかどうかは、メリットとデメリットから総合的に考えてみてください。

ローカルネットワークにアクセス権を許可するメリット

テレビやロボット掃除機などとiPhoneを接続できるようになることです。アクセス権を許可しないとiPhoneと接続できず、上手く利用できない外部デバイスやアプリも少なくありません。

利用したい外部デバイスや外部アプリがあれば、ローカルネットワークの活用を前向きに検討してみてください。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。