スマホで見つける、もっと可愛い私

【iPhone】システムの触覚とは?強さやオフに設定する方法を解説!

【iPhone】システムの触覚とは?強さやオフに設定する方法を解説!

平らな画面を触って操作しているにも関わらず、まるで実際にボタンを押しているかのような感覚でiPhoneを操作できる「システムの触覚」を知っていますか?

iPhoneではデフォルトの設定となっているので、今ではシステムの触覚によるバイブレーションに慣れてしまって、意識していない方も多いかもしれません。

この記事では、私たちの生活に大きな役割を果たしている「システムの触覚」について詳しく解説していきます。

【iPhone】システムの触覚とは?

「システムの触覚」と聞いても、ピンとくる人は少ないと思います。

まずは「システムの触覚」とは一体何なのか確認しましょう。

iPhoneを操作すると振動する

iPhone7以降の機種から搭載された「システムの触覚」とは、iPhoneで一定の操作をすると、「ブルッ」や「カチッ」と小さく振動する機能のことを指します。

このバイブレーションによって、iPhoneの操作を「触覚」でも感じられ、より操作感を得ることができるのです。

どんな操作で振動するの?

「触覚タッチ」は小さなバイブレーションでとても自然なので、毎回iPhoneの振動を意識している人は少ないかもしれません。

例えば、次のような操作をするとき、iPhoneは振動します。

  • 設定でオンとオフを切り替えるとき
  • アラームやタイマーで時間を設定するとき
  • ホーム画面でアプリを長押ししたとき
  • Appスイッチャーを表示したとき
  • コンパスで向きが変わるとき
  • 電源を切る画面にうつるとき
  • ロック画面からロック解除画面へ移動するとき

最初はバイブレーションに戸惑っていた方も、今では当たり前になってしまい、とくに気にしていないのではないでしょうか?

ぜひ、上記操作でシステムの触覚を今一度体感してみてください。

デフォルトではオンに設定されている

画面にしか触れていないのに、iPhoneが振動することで、実際にボタンを押しているかのような感覚になる「システムの触覚」は、デフォルトではオンに設定されています。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。