スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneとiPadで写真を同期・共有する方法!やり方は色々

iPhoneとiPadで写真を同期・共有する方法!やり方は色々

最近では仕事や趣味でiPadを使用している人が多いですが、皆さんもiPhoneとiPadの両方のデバイスを使い分けていますか?

iPhoneもiPadもAppleの製品なので、同期機能を使えば2つのデバイス間で写真の共有と同期ができるんです。

今回は、iPhoneとiPad間での写真の共有と同期を行う3つの方法を解説します。

【iPhoneとiPad】写真を同期・共有するには?

同じAppleの製品であるiPhoneとiPadにはそれぞれ写真の共有・同期機能が付いているので、写真や動画を簡単に一括管理できるんです。

具体的には3つの方法で写真の共有と同期が行えます。

iCloudを使う

最初に紹介する写真の共有と同期を行う方法は、「iCloud」を使って行うことです。

「iCloud」とは、Appleが所有するインターネットクラウドで、Apple製品のデバイス購入者であれば5GBまで無料で利用できます。

「iCloud」を「ON」に設定すると、撮影した写真が自動的に「iCloud」にアップロードされます。

同じApple IDでログインした他のデバイスもiCloudを「ON」に設定していれば、2つのデバイスに保存されている写真がすべてアップロードされ、アップデートされたデータが2つのデバイスに同期されるので一括で管理できます。

AirDropを使う

2番目の方法は、「AirDrop」を使って写真の共有を行うことです。

「AirDrop」とは、2つのiOSデバイス間で瞬時に写真や動画、またファイルなどの共有が行える機能で、Wi-FiとBluetoothを「ON」にして使用します。

専用のソフトを使う

3番目の方法は、写真の共有と同期を専門に行うPCのソフトウェアを利用することです。

PCを使って写真の共有と同期を行う方法として最も有名なのが「iTunes」ですが、「iTunes」はPCとiOSデバイス間の同期とバックアップをするためのソフトウェアです。

でもソフトウェアの中には、PCを介して2つのiOSデバイス間の写真の共有と同期を行えるものがあります。

この記事では2つのソフトウェアを紹介します。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。