スマホで見つける、もっと可愛い私

iPhoneとiPadで写真を同期・共有する方法!やり方は色々

iPhoneとiPadで写真を同期・共有する方法!やり方は色々


iCloudの空き容量を増やそう

考えられる原因はもう1つあります。

「iCloud」の空き容量が足りないことです。

たくさんの写真を同期したければ、それ相応の空き容量が「iCloud」に確保されていなければいけません。

ぜひこの機会に「iCloudプラン」をアップグレードして、空き容量を増やしてください。

【iPhoneとiPad】写真をAirDropから同期・共有する方法

次に取り上げるのは、「AirDrop」機能を使って、iPhoneとiPad間で写真の共有を行う方法です。

とても便利な方法なのでぜひ参考にしてくださいね。

iPhoneとiPadで「AirDrop」をオンにしよう

まず「AirDrop」に設定を、iPhoneとiPadの両方で行いましょう。

「設定」アプリを開いたら「一般」を選択してください。

一般

「一般」画面のメニューに「AirDrop」があるので選択しタップしましょう。

AirDrop

「すべての人」に「✔」を入れましょう。

すべての人

AirDropを使って同期する方法

「AirDrop」機能を使ってiPhoneの写真をiPadと共有する方法を説明します。

iPhoneの「写真」アプリを開き、共有したい写真を選択してタップしましょう。

画面の左下に「共有」アイコンがあるのでタップしてください。

共有アイコン

共有方法の選択メニューが表示されるので、「AirDrop」を選択してタップしましょう。

AirDrop

iPadが表示されるのでタップしてください。

iPad

iPadに写真が共有されました。

写真の共有

【iPhoneとiPad】写真をソフトから同期・共有する方法

次に取り上げるのは、専用のソフトウェアを使って、iPhoneとiPad間の写真の共有と同期を行う方法です。

2つのソフトウェアを紹介します。

DearMob iPhoneマネージャー

最初に紹介するソフトウェアは「DearMob iPhoneマネージャー」です。

無料版と有料版がありますが、有料版でなければ写真の共有は行えません。

下記のリンクにアクセスして「DearMob iPhoneマネージャー」をインストールしましょう。

インストールが完了したら、まずiPhoneをUSBケーブルでPCに接続しましょう。

接続したら、トップ画面のメニューの中にある「写真」を選択しクリックしてください。

写真

iPhoneの「ライブラリ」内の写真が表示されるので、共有したい写真をすべて選択したら、画面上部のメニューの中にある「エクスポート」を選択しクリックしましょう。

写真の保存場所を決めてPCに保存します。

エクスポート

次にiPadをUSBケーブルで接続して、「写真」アイコンをクリックします。

画面の上部にあるメニューの中から「写真追加」をクリックすると、先ほど保存した写真が表示されるので「同期」をクリックしましょう。

これで写真がiPadに同期されます。

同期

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。