スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple Pencilの手書き機能「スクリブル」の使い方を解説

Apple Pencilの手書き機能「スクリブル」の使い方を解説


【Apple Pencil】手書きの基本操作

それでは、基本的な操作方法をご紹介していきます。

手書きをする

基本的には、Apple Pencilを使って手書きするだけです。

書く場所の制約はないので、枠内の任意の場所に書いていきましょう。

基本的にテキストを入力する場所であれば、どこでも書けます。

認識率も高いので、少々字が汚くなっても問題ありません。

ただし、あまりに読みにくい文字や複数行に及ぶ文字は、上手に認識されないこともあります。

まずは練習をしてから、会議のメモをとることをおすすめします。

こすると単語を消せる

誤った単語を書いてしまった時は、こすると消すことが可能です。

こすり方は丁寧でなくても反応してくれるので、手早く文字を消せます。

スペースを入れる・スペースに書く

単語や文章の間にスペースを入れたい時は、テキストの間に線を入れるだけです。

スペースが空くので、より読みやすいテキストが完成します。

スペースの間に書きたい場合は、文字を挿入したい部分にApple Pencilを合わせて書くだけです。

直感的に操作できるので、デバイスに詳しくない方にもおすすめです。

段落・単語を選ぶ

段落を選びたい時は、選びたい段落の単語をトリプルタップします。

任意の単語を選ぶ場合も、単語の部分をトリプルタップするだけです。

段落は、Apple Pencilを段落上に合わせてドラッグすることでも選択できます。

やりやすい方法を試してみてください。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。