スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple Pencilの手書き機能「スクリブル」の使い方を解説

Apple Pencilの手書き機能「スクリブル」の使い方を解説


【Apple Pencil】上手に手書きするコツ

便利なApple Pencilは、コツを掴めばさらに効率的に利用できます。

ここでは、上手に上書きする方法をまとめてみました。

なるべく一行で書く

テキストが上手く認識されない方は、なるべく一行で書くことを意識してみてください。

行が複数に分かれると、誤って認識される可能性が高まります。

長い文章を手書きする際は、区切りの良い所で改行をすることをおすすめします。

文章のまとわりで書くことを意識してみてください。

また、文字は縦に書いても認識されますが、一部分だけでテキスト化されることもあります。

多くの場合続けて書けばまとめてテキスト化されますが、上手くいかない場合はなるべく一行で続けて書くことを意識して作業してみてください。

スクリブルツールバーを使う

スクリブルツールバーとは、スクリブル機能を使うと画面下に表示されるツールのことです。

スクリブルツールバーは、以下のような使い方が可能です。

  • キーボードを表示
  • 文字の取消し
  • スクリブルツールバーを隠す、表示させる

まずキーボードを表示させる方法は、「キーボード」のアイコンをタップするだけです。

キーボードを隠したい場合も、同じく「キーボード」をタップすると隠れます。

文字の取消しは、一番左にある「取り消す」をタップすると完了です。

操作すると一つ前の文字が消えるので、再度他の正しい文字を入力してみてください。

次にスクリブルツールバーを隠したい時は、「…」を選択します。

「ツールバーを自動でしまう」のオンとオフで大きさや表示を調整できます。

Apple Pencilだけの操作は分かりにくい、難しいと感じる方はスクリブルツールバーの方を試してみてください。

操作方法がスクリブルツールバーの方が分かりやすく感じて、より利便性が高くなります。

慣れてきたら、隠して使う方法を選択してもいいでしょう。

Apple Pencilでスクリブルを利用してみよう

今回の記事では、Apple Pencilで手書き機能「スクリブル」を使う方法について解説しました。

多少崩れた文字でも読み取ってくれるので、走り書きをしたい時にも便利ですよ。

また、テキストを挿入するやきれいな図形を描くなど利用しやすい機能が多数あります。

iPadをより使いやすくして、より効率的に作業を進めてみてください。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。