スマホで見つける、もっと可愛い私

Apple Watchのカレンダーアプリを使おう♪不具合の対処法も紹介

Apple Watchのカレンダーアプリを使おう♪不具合の対処法も紹介

Contents[OPEN]


月間表示

続いて、「日付表示」になっている「カレンダー」アプリを「月間表示」に変更する方法を説明します。

先ほどの「日付表示」になっている「カレンダー」アプリの画面に戻りましょう。

画面の左上に「今日」と表示されているのでタップしてください。

日付表示画面

「カレンダー」アプリの表示が「月間表示」に変更されました。

月間表示

イベント表示

次に、「カレンダー」アプリに追加されているイベントを表示させる方法を説明します。

現在「月間表示」画面が表示されているので、画面の左上に表示されている今日の日付をタップしましょう。

今日の日付

「日付表示」画面になるので、画面を上または下に向かってスクロールしてください。

スクロール

下に向かってスクロールすると、その日の終わりまでに予定されているイベントが表示されます。

反対に、上に向かってスクロールすると同日に予定されていたイベントを確認できますよ。

イベントの表示

今度は左右にスクロールしてみましょう。

スクロール

右にスクロールすると、翌日のイベントを表示できます。

逆に左に向かってスクロールすると、前日に予定されていたイベントを確認できますよ。

イベントの表示

Apple Watchのカレンダーイベントを表示する方法

ここまで「カレンダー」アプリの表示を変更する操作手順を紹介しましたが、ここからiPhoneの「カレンダー」アプリに追加したイベントを、Apple Watchの「カレンダー」アプリで表示させる方法を紹介します。

表示方法は2つあるので、これから順番に説明していきますね。

カレンダーアプリから開く

最初に紹介するのは、「カレンダー」アプリから直接カレンダーイベントを表示させる方法です。

まず「カレンダー」アプリを開いたらすぐにカレンダーイベントが表示されるように、表示設定を変更します。

ホーム画面にある「設定」アプリを選択してタップしましょう。

「設定」アプリ

「設定」画面になったら、画面を下に向かってスクロールしましょう。

スクロール

メニューの中に「カレンダー」があるので選択しタップしてください。

カレンダー

「表示オプション」が表示されるので、「次はこちら」あるいは「リスト」を選択しタップしましょう。

表示オプション

ホーム画面に戻り、「カレンダー」アプリを選択しタップしてください。

「カレンダー」アプリ

「次はこちら」を選択すると、以下の画像のようにカレンダーイベントが表示されるので、下に向かってスクロールすれば追加されたすべてのイベントの確認ができます。

カレンダーイベント

「リスト」を選択すると、以下の画像のようにカレンダーイベントが表示されるので、下に向かってスクロールすれば追加されたすべてのイベントの確認ができます。

カレンダーイベント

文字盤の日付から開く

Apple Watchのカレンダーイベントを表示するもう1つの方法は、文字盤の「日付」から表示する方法です。

文字盤にはコンプリケーションと言って、アプリのショートカットを文字盤に追加する機能があります。

でもここでいう「日付」とは、文字盤に追加された「カレンダー」アプリのことではなく、時計に表示される「日付」のことです。

4桁のパスコードを入力してロック解除したら、時刻ではなく「日付」をタップしましょう。

日付

カレンダーイベントが表示されます。

カレンダーイベント

カレンダーイベントをタップする

ここまで紹介した2つの方法でカレンダーイベントを表示させたら、内容を確認したいイベントを1つ選択しタップしましょう。

カレンダーイベントの選択

追加したイベントの詳細が表示されるので、場所や時間などの確認ができますよ。

イベントの詳細

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。