スマホで見つける、もっと可愛い私

【YouTube】困る!アップデートがあるのに更新できない原因は?

【YouTube】困る!アップデートがあるのに更新できない原因は?

「YouTubeアプリをなぜか更新できない…」と困ったことはありませんか?

Google PlayからYouTubeアプリを更新する人に多い現象で、突然エラーコード501が表示されたり、アプリの削除すらできなくなったりすることがあるようです。

何度試してもエラーが続くとモヤモヤしますよね?

そこで今回は、YouTubeアプリが更新できない原因と対処法をご紹介します。原因から見直して一緒に解決していきましょう。

【YouTube】アップデートがあるのに更新できない原因とは

そもそもYouTubeがアップデートできない原因は、いったい何なのか?

考えられる原因は、以下のとおりです。

  • サポートを終了したOS・機器を使っている
  • すでに最新の状態に更新されている
  • スクリーンタイム機能が邪魔している
  • 通信環境によるバグ
  • デバイスのバグ
  • YouTubeのサーバー障害

それでは、詳しく見ていきましょう。

サポートを終了したOS・機器を使っている

使っているスマホのサポートが終了していると、新しいバージョンに対応できずエラーとなる場合があります。

現在(2022年6月時点)、Android7以前の機種、iPhone6以前の機種はすでにサポートが終了しています。古い機種を使っている人は、新しい機種への買い替えを検討してみてください。

すでに最新の状態に更新されている

もしかしたら、自動更新によってすでに最新にアップデートされているのかもしれません。

YouTubeアプリのダウンロードページを開いたときに、「更新」ボタンが「開く」ボタンになっていませんか?

「開く」ボタンになっている場合は、すでに最新の状態です。

スクリーンタイム機能が邪魔している

スマホの設定から機能制限をかけていると、アップデートが妨げられてしまうことがあります。設定した記憶のある方は、以下の手順を参考に制限を解除しましょう。

スクリーンタイム機能

  1. 「設定」アプリを開きます。
  2. 「スクリーンタイム」→「コンテンツとプライバシーの制限」の順にタップしていきます。
  3. 「コンテンツとプライバシーの制限」のスイッチをオフにします。

通信環境によるバグ

通信状況が悪いとアップデートを正常に行えず、エラーとなってしまいます。アップデート作業は時間がかかるので、通信が安定する場所に移動してから行ってください。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。