スマホで見つける、もっと可愛い私

Googleで広告ブロックを設定しよう!!アプリ・拡張機能・ブラウザも紹介

Googleで広告ブロックを設定しよう!!アプリ・拡張機能・ブラウザも紹介

Contents[OPEN]


AdBlock — 最高峰の広告ブロッカー

Googleの拡張機能の中でも世界的に有名な広告ブロッカーです。

ダウンロードするだけで大体の広告をブロックしてくれます。

ブロックする広告の種類を個別に設定できるのが魅力で、必要な広告と不必要な広告を分けることができます。

19

また、この拡張機能ではYoutubeコンテンツを利用したときの広告もブロックできます。動画の途中で広告が入るストレスがなくなるのはありがたいですね。

Adblock Plus – free ad blocker

先ほどのAdblockにプライバシー保護機能を追加した強化版です。ブロック機能が強化されており、ほぼ全ての広告をブロックできます。また、この拡張機能では使用者の閲覧情報を利用して広告を発信する「トラッキング」も防げるのが魅力です。

20

デフォルトでは控えめな広告のみ表示されるようになっていますが、ブロックの範囲を広げて完全の広告をシャットアウトすることもできます。ただ、あまりにブロックする範囲を広げすぎるとアクセスに問題が起きるWebページもでてくるので注意しましょう。

【Google】広告ブロックができるブラウザは?

スマホの場合、Googleのアップデートと同時に広告ブロックアプリが対応できなくなることがあります。

そんなときは、広告ブロック機能のあるブラウザアプリを利用しましょう。

Webブラウザアプリは、わざわざ設定の変更や拡張機能を導入しなくていいところが大きなメリットです。スマホの扱いに慣れていない・ガジェット系の知識に疎い人にもおすすめですよ。

これから紹介する3つのブラウザアプリには、デフォルトで広告ブロック機能が備わっています。

悪質な広告や邪魔な広告を非表示にするときはWebブラウザアプリも利用してみましょう。

Firefox Focus

世界的な知名度のある人気のWebブラウザです。

広告ブロックとプライバシー保護などセキュリティ面に定評があり、安心してWebを利用できます。

また、アクセス速度も軽く、旧世代のスマホでもサクサク動作してくれるのも人気のポイントです。

デメリットはタブ機能がないので1画面しか見られない点です。

しかし、セキュリティ性能は数あるブラウザの中でもトップクラスなので、隠れて調べ物をするときには重宝します。

Opera

Operaは使いやすさに特化したWebブラウザです。

自分の使いやすいようにカスタマイズできるのが魅力で、広告ブロックやプライバシー保護機能も優秀で、悪質なWebページや広告を未然にブロックしてくれます。

子供が使うスマホやPCに導入してみてはいかがでしょうか。

Brave

広告ブロックと匿名性に定評のあるWebブラウザです。広告ブロックはもちろん、省バッテリーモードやトラッキングのブロックなど、スマホ使用者に嬉しい機能がたくさん備えられています。

また、このブラウザはGoogle Chromeをベースとして作られており、拡張機能やブックマークをそのままBraveに移行することも可能です。

この記事に関するキーワード

新型コロナウイルスの影響により、施設や店舗の営業状況が記事掲載当時と異なる場合がございます。事前にご確認ください。